バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

チーム・選手

V.LEAGUE Division1〔MEN〕

堺ブレイザーズ

チームの歴史

日本製鐵バレーボール部として1939年に創部。戦時中止を経て46年に復活。社名が八幡製鐵となった50年に全日本実業団選手権で全国初優勝。第1回の6人制実業団大会を制し、64年の東京オリンピックでは3人がプレー。日本リーグでも初代王者となった。新日本制鐵と社名が変わり、本拠地を大阪・堺市に移したあと、小田勝美、田中幹保を中心に黄金時代へと突入。第7回大会から4連覇を達成し、3連覇も2回を数える。Vリーグでは第3回、第4回大会を連覇。第7回大会からは地域一体型スポーツ活動を目指した『堺ブレイザーズ』として、第12回大会と2010/11シーズンに優勝、昨季も優勝を飾った。日本リーグ時代(12回)を含めて通算17回の優勝は参加チーム一。

年表

1939年(昭和14年) 日本製鐵バレーボール部として創部
1950年(昭和25年) 八幡製鐵に社名変更全日本実業団選手権優勝(初の全国制覇)
1952年(昭和27年) 第1回都市対抗(黒鷲旗)優勝以後、第2回、第6回、第9回、第16回、第23~26回、第29回第33回、第37~39回の通算14回優勝、準優勝7回
1964年(昭和39年) 東京五輪に池田尚弘、徳富斌、中村祐造が出場(銅メダル)
1967年(昭和42年) 第1回日本リーグ優勝
1968年(昭和43年) メキシコ五輪に池田尚弘が出場(銀メダル)
1970年(昭和45年) 新日本製鐵に社名変更。本拠地を北九州市から堺市に移す
1971年(昭和46年) 実業団リーグに転落
1972年(昭和47年) ミュンヘン五輪に中村祐造が出場(金メダル)
1973年(昭和48年) 日本リーグに復帰。いきなり第7回日本リーグで全勝優勝以後、第10回リーグまで4連覇
1976年(昭和51年) モントリオール五輪に小田勝美、田中幹保、柳本昌一が出場
1978年(昭和53年) 第12回日本リーグ優勝以後、第14回日本リーグまで3連覇、第16回、第22~24回優勝日本リーグ時代、優勝通算12回、準優勝5回
1984年(昭和59年) ロスアンゼルス五輪に田中幹保、岩田稔が出場
1988年(昭和63年) ソウル五輪に真鍋政義が出場
1992年(平成4年) バルセロナ五輪に植田辰哉、中垣内祐一が出場
1996年(平成8年) 第3回Vリーグ優勝
1997年(平成9年) 第4回Vリーグ優勝
2000年(平成12年) 地域密着型クラブ「堺ブレイザーズ」として再出発
2005年(平成17年) 第12回Vリーグ優勝
2008年(平成20年) 北京五輪に石島雄介、朝永孝介が出場