バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

メールマガジン

バックナンバー

送信日時 2007/04/25(水) 00:00
件名 第83号 Vリーグ・メールマガジン
-『Vの新たな挑戦』バレーリーグ40年・・歴史を力に-
■vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv■
◆◇ Vリーグ・メ-ルマガジン  Vol.082 2007年4月25日号
◆◇ http://www.vleague.or.jp/         毎週水曜日発行
◆◇
■vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv■
★★ Vリーグ・メ-ルマガジン 第83号 ★★
★★ 日韓トップマッチ、男子は苦杯
★★ 現代キャピタルが優勝
★★  ★

日韓Vリーグトップマッチ・男子ソウル大会が行なわれました。
結果は、日本の2チームが韓国の2チームに、2戦して2敗し、今年も男子は、
韓国チームが優勝と準優勝をさらいました。

昨年は、堺ブレイザーズが三星火災ブルーファングスとの優勝決定戦に敗れる形
でなかなかの好試合でしたが、今年のサントリーサンバーズと東レアローズは、
元気なく敗れてしまいました。

大会終了後、少し間が空いたのを気にしていた韓国チームと、休む間もない遠征
で疲れを気にしていた日本チームでしたが、モチベーションも含めて、強行スケ
ジュール過ぎたことも敗因の一つでしょう。

■―――――――――――――――――――――――
優勝した現代キャピタルスカイウォーカースは、昨シーズン国内リーグを制覇し
ながら、トップマッチでは堺ブレイザーズに敗れたのが響き、三星火災に優勝を
奪われ、残念な思いがあったようです。それだけに、今回の優勝は真のチャンピ
オンを裏付けることになり嬉しかったようです。

■―――――――――――――――――――――――
現代キャピタルのキム・ホチョル監督(代表監督でもある)は、「チーム数が多く
有力選手が分散している日本を考えると、今回の結果が日本の実力と考えない方
がよい」と代表監督らしく気を引き締めていましたが、同時に「日本はまだ守備
バレーボールをしている。守備バレーボールはこれ以上世界舞台で通じない」と
いう辛口のコメントも忘れませんでした。

この部分で、東レの小林コーチのブログでは、「日本バレーが過去得意としていた
粘り強いバレーを忘れてしまってはいけないと思い知らされた大会となりまし
た」と、少し違う見解が述べられています。
小林コーチの書いているように、黒鷲旗後に総括して今後に備えて欲しいもので
す。

今回の試合に限れば、韓国チームのブロックの高さとサーブ力に、大いに苦しめ
られました。また、サントリーの河野監督の2日目のコメントにあるように、守
備力にも差があったということです。

■―――――――――――――――――――――――
東レアローズは、ニコロフの怪我の回復が思わしくなく、リーグ中に見せた破壊
力は見せられずに終わりました。韓国チームのルニー(現代キャピタル)とレア
ンドロ(三星火災)の大活躍を前に歯がゆい思いをしたのではないでしょうか。

東レは、セッターの阿部が怪我で早々と戦線離脱したのも応えました。

■―――――――――――――――――――――――
日韓Vリーグトップマッチ・女子大会は、今週末の4月28日、29日に、大阪
府立体育会館で行ないます。

昨年は、韓国チームが外国人規制をしていた関係もあり、日本チームが楽勝(?)
に近い形で優勝、準優勝を収めましたが、今年は、韓国チームに外国人選手も加
わり、昨年のようなわけには行かないと思われます。

また、昨シーズンの韓国女子は、バックアタック2点制という変則ルールで戦っ
ていたので、バックアタック偏重型の戦法になっていました。今シーズンは、依
然として韓国内リーグではバックアタック2点制は残しましたが、1セット2本
に限りという変更があったので、この辺りの変更の効果が現れるかも知れません。

日本チームには、男子の雪辱をぜひ果たしてもらって、外貨の流出(?)がない
ようにがんばってもらいたいものです。

■―――――――――――――――――――――――
今年の日韓Vリーグトップマッチ・女子大会は、大阪で開催されますが、大阪は
在日韓国人、在日朝鮮人の多い都市です。(約15万人で全国1位、2位は東京
で約10万人)

大阪市生野区の人口の30%が在日や韓国人だとも言われています。
JR環状線「鶴橋(つるはし)」近くの商店街は、韓国料理や韓国食材、韓国衣料
などの店が並んでいることや、近くにコリアンタウンがあることで有名です。

■―――――――――――――――――――――――
日韓戦に出場するチーム以外のVリーグの各チームは、5月1日から始まる「第
56回黒鷲旗全日本男女選抜大会」に向けて練習が始まっています。

昨年までの男女各32チームによる大会から、男女各16チームによる大会にな
り、一層中身の濃い試合が展開されることになります。

予選リーグも、従来の変則リーグ戦から、4チーム×4ブロックによる完全リー
グ戦になり、しかも各ブロックの1位チームだけが決勝ラウンドに残れるという
厳しいものになりました。

2006/07シーズンの結果が思わしくなかったチームにとっては、リベンジの絶
好の機会となります。

■―――――――――――――――――――――――
今日(4月25日)は、「ファーストペイデー(初めて給料をもらう日)」という
日だそうです。

給料が自動振込になり、クレジットカードでの買い物も一般化してきましたので、
初めての給料日の「感動」は少なくなっているかもしれませんが、サラリーマン
が初めて手にする給料はそれなりに思い出に残るものでしょう。

ここまで育ててもらった親や世話になった恩師へのプレゼントや友人・恋人との
食事代、あるいは将来に備えて貯金など、使い方もいろいろあることでしょう。

最近は、自分へのご褒美というのもあるようですから、記念の品を買うのも良い
かもしれません。
初めて社会人として給料を手にされたフレッシュマンの方は、ぜひいつまでも忘
れられない使い方をお勧めします。

それにしても、いくら効率を追及するといっても、最初の給料とボーナスくらい
は、現金で支給ということにはならないものでしょうか。
新入社員に行なわれるどの社員教育よりも、教育効果が上がるかもしれませんよ。

■―――――――――――――――――――――――
Vリーグ・メールマガジン第83号は、いかがでしたか?
毎週1回、水曜日を目安に発行しています。(購読は無料です)

購読の申込みは、
http://www.vleague.or.jp/prog/mailmagazine/mailmagazine.php?mode=pc&kind=admission

購読の解除は、
http://www.vleague.or.jp/prog/mailmagazine/mailmagazine.php?mode=pc&kind=withdrawal
             
▽△  ●  △▽
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃(発行・編集) (中)日本バレーボールリーグ機構
┃           http://www.vleague.or.jp/
┃(お問合わせ)info@vleague.or.jp
┃ Copyright(C)
┃   Japan Volleyball League Organization All rights reserved.
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■