バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017V・サマーリーグ女子大会はPFUブルーキャッツ(東部大会)と東レアローズ(西部大会)が優勝!

Vリーグについて

2013/14V・プレミアリーグ観戦者調査について

Vリーグでは、2013/14V・プレミアリーグに属する男女計16チームの各ホームゲーム及び東京大会の全国18会場において、観戦に来られた方を対象にアンケートによる観戦者調査を行いました。この度、その調査の報告書作成が完了いたしましたので、お知らせいたします。以下、当該調査概要・結果概要となります。

調査概要

調査目的
2013/14V・プレミアリーグ所属チームの公式戦観戦者を対象に、観戦行動の特性、観戦理由・評価、リーグへの意識及び基本的属性などの統計データを収集し、リーグ・チームの運営及び大会運営などについて検討するための情報収集を行う。

調査対象
アリーナ観戦者、中学生以上の男女個人

回収状況
有効回収数 4,345票(女子大会:2,055票、男子大会:2,290票)

調査時期・対象試合
2014年1月11日 ~ 2014年3月16日におこなわれた全国18会場にて調査実施
 

結果概要

観戦者のプロフィール
女子大会の観戦者は、54.2%が男性、45.8%が女性であり、平均年齢は41.6歳であった。また、男子大会の観戦者は、71.0%が女性、29.0%が男性であり、平均年齢は38.9歳であった。この結果より、同じバレーボールでも男子大会と女子大会では、観戦者の方の基本属性に違いがあることが明らかになった。

観戦者の特徴
「いつ頃からVリーグの試合観戦を始めたか」という問いに対して、『日本リーグ』時代より観戦を始めたと回答した方が、女子大会では15.6%、男子大会では18.4%であった。また、『北京五輪(2008年)』以降より観戦を始めたと回答した方が、女子大会では50.4%、男子大会45.3%であった。男女とも出場した北京五輪以降より観戦を始めた方が、約半数近くいることが明らかになった。

観戦理由
女子大会・男子大会ともに、「好きなチームを応援したいから」・「バレーボール観戦が好きだから」・「素晴らしいプレーを見ることができるから」などが観戦理由となっていることが明らかになった。


以上が本調査の全体の概要になりますが、Vリーグ機構では、これらの調査結果をもとに、これまで以上にファンの皆様に喜んで頂ける大会運営に努めてまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
  • 2013/14V・プレミアリーグ男子 観戦者調査 報告書(PDF) 

  • 2013/14V・プレミアリーグ女子 観戦者調査 報告書(PDF)