バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

V・明日夢(みらい)プロジェクト

V・明日夢(みらい)プロジェクト メインビジュアル2

V・明日夢(みらい)プロジェクト

V・明日夢(みらい)プロジェクト グローバルメニュー(活動レポート)

V・明日夢(みらい)プロジェクト 活動レポート

V・明日夢プロジェクト活動レポート

月別バックナンバー

ブログ 2013/3

V・プレミアリーグ女子 中津川/岐阜大会バレーボール教室
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2013/03/29(金) 15:14

201303291537_1-300x0.jpg
201303291537_2-300x0.jpg

【概要】

■中津川大会

日時 : 2013年3月16日(土)  9:00~12:15
会場 : サンライフ中津川
対象 : 地元中学生138名
主催 : 岐阜県バレーボール協会
共催 : 中津川市・中津川市教育委員会
主管 : 東濃バレーボール協会

■岐阜大会

日時 : 2013年3月17日(日)  10:00~12:00
会場 : 岐阜メモリアルセンター/ふれあいドーム
対象 : 地元小学生140名
主催 : 岐阜県バレーボール協会

■講師
           木原  丈裕    元 サントリーサンバーズ
      今井  啓介    元 パナソニックパンサーズ
      草深  暢子    元 デンソーエアリービーズ
      内藤  香菜子(現姓:稲葉) 元 NECレッドロケッツ
      櫻井  由香   Vリーグ機構事務局 (元 デンソーエアリービーズ)



V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
3月16、17日に、V・プレミアリーグ女子 中津川/岐阜大会で行われたバレーボール教室の様子をご報告いたします。
 
3月16日(土)。中津川市の宿泊先の近くには「馬籠宿」という観光名所があり、情緒ある建物が軒を連ねています。大自然にかこまれた馬籠宿は早朝に探索したこともあり空気が冷たく、まるで時間が止まっているようでした。今日はここ中津川市でのバレーボール教室です。
201303291537_3-220x0.jpg201303291537_4-220x0.jpg


今日の会場はサンライフ中津川。講師の中には現役中にこの体育館を訪れたことがある講師もいて、「なつかしい~!」という声も上がっていました。今回のバレーボール教室は『中津川市制60周年記念事業』の一環として、地元の中学生男女を対象に行われました。
201303291537_5-220x0.jpg201303291537_6-220x0.jpg


地元の中学校10校から、男女12チームが参加し、講師たちと一緒に汗を流しました。
男子チームも2校参加。トップレベルの技を覚えようと講師に質問する姿もありました。
201303291537_7-220x0.jpg201303291537_8-220x0.jpg


最後に、同じコートで中学生のみんなと講師がゲームを行い、今日の練習の成果を試しました。コートの中ではたくさんの笑顔があふれ、初めは緊張して出せなかった声が自然に出るようになっていました。とても素直で一生懸命なみんなとのバレーボール教室でした。
201303291537_9-220x0.jpg201303291537_10-220x0.jpg


317日(日)。中津川から車で1時間半ほど離れた先に、今日の会場である岐阜メモリアルセンターがあります。メインコートの「で愛ドーム」でV・プレミアリーグ女子大会が行われ、サブコートの「ふれあいドーム」で試合観戦に来たお客さんも見学する中、バレーボール教室を行いました。
201303291602_1-220x0.jpg201303291602_2-220x0.jpg



小学1年生から6年生までと幅広い参加者となったので、コートを学年で分け、それぞれのレベルに合った練習をしました。スパイク練習ではゴムの即席ネットが登場です。
201303291602_3-220x0.jpg201303291602_4-220x0.jpg


講師がスパイクの見本をみせると、「ワァ!」という歓声が沸き、ボールの迫力に驚いて目をキラキラさせていました。
201303291602_5-220x0.jpg201303291602_6-220x0.jpg




みんながとても楽しそうにバレーボールを追いかける姿に、いつも元気をもらえます。
この中からVリーガーが1人でも多く出たら、こんな嬉しい事はありません。また会場には子供たちの1番のサポーターである保護者の方がたくさん来られていました。子供たちには支えられているという感謝の気持ちを持ち、長くバレーボールを続けて欲しいと思いました。


 
 今回もたくさんの笑顔と出会うことが出来ました!
201303291602_7-220x0.jpg201303291602_8-220x0.jpg
201303291602_9-220x0.jpg201303291602_10-220x0.jpg


第14回 ジャパンデフバレーボールカップ静岡大会2013
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2013/03/25(月) 14:07

V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です。
2013年3月1日~3日に静岡で行われました、第14回ジャパンデフバレーボールカップ静岡大会2013に行って来ました!

201303251427_1-300x0.jpg
男子優勝チーム:デビルボーイズ(茨城県)

私がデフバレーの皆さんと出会ったのは最近のことです。私の知り合いから、「バレーボールをひたむきにやっているデフバレーの存在を、もっと世の中に知ってもらいたい。
今年7月にブルガリアで夏季デフリンピックが行われるので応援してくれませんか?」と連絡があり、デフバレーについて教えて頂きました。お話の中ではデフリンピックとパラリンピックの違いや、デフバレーの皆さんの時間や資金面での苦労、あともう少しで世界一になれる位置まできていることなども教えてもらいました。

※デフバレーについての詳細は
日本デフバレー協会ホームページまで   http://jdva.jp/

201303251427_2-220x0.jpg201303251427_3-220x0.jpg

デフバレーについて知識のない私は、初めは静かな体育館にボールの音だけが響いている。そんなイメージを持っていました。が、いざ体育館に入ると中はたくさんの声で溢れていました。チームメイトを励ます声、自分を鼓舞する声、みんなで喜ぶ声。そして一番引きつけられたのは、みなさんの表情がとても豊かなところで、自分の感情を全身で表す姿を見ていると、私も思わず一緒になって喜んだり悔しがったりしていました。

201303251427_4-220x0.jpg201303251427_5-220x0.jpg

デフバレーはネットの高さも、ルールも何も変わりません。審判も普段と同じように笛をふきます。少し違う場面を見たのは、副審からの説明を受けるときに手話通訳者(※注1)が間に入って説明を行っていたこと、2階の観覧席に電光掲示版が設置してあり、そこから情報を伝えていたことでした。

201303251427_6-220x0.jpg201303251427_7-220x0.jpg

※注1 手話通訳者:代表チームには各チーム手話通訳が1名います。海外の大会では国際手話という日本の手話とは全く違う言語(手話)で会議や試合が行われ、海外大会の時は日本手話通訳だけではなく、国際手話通訳を帯同することもあります。 
 
 
どのチームの選手もバレーボールに真剣に取り組んでいて、最後まで諦めずボールを追いかける、ミスをしたチームメイトの側まで行き一生懸命に励ます。お互いのコミュニケーションの取り方は、見習うべきものがたくさんありました。

201303251427_8-220x0.jpg201303251427_9-220x0.jpg

デフバレーのみなさんが、チームや大会運営などでご苦労されていることを知ると、ただただ驚く事ばかりでした。それでもバレーボールが好きだから続けていられる、そんな熱い気持ちが伝わってきました。
 
前回、2009年に台北で行われたデフリンピックでは日本代表女子は銅メダル、男子は5位という素晴らしい成績を残し、もう少しで世界一に手が届く位置まで来ています。たくさんの人にデフバレーのすごさを知ってもらい、デフバレーを取り巻く環境が少しでも良くなるよう、みなさま応援よろしくお願いします!!


大会の結果
≪男子≫
優勝:デビルボーイズ(茨城県) 準優勝:豊鯱会(愛知県) 3位:TDV(東京都)

201303251427_10-220x0.jpg201303251427_11-220x0.jpg
準優勝チーム:豊鯱会(愛知県)  3位チーム:TDV(東京都)

201303251427_12-220x0.jpg201303251427_13-220x0.jpg
大会MVP・ベスト6・ベストリベロの受賞者

≪女子≫
優勝:極楽鳥花(千葉県) 準優勝:GIFU DANDE LION(岐阜県)
3位:一期一会A(兵庫県)
 
 
日本デフバレーボール協会ホームページ http://jdva.jp/

 

V・チャレンジリーグ女子 岐阜大会バレーボール教室
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2013/03/13(水) 17:59



【概要】
■日時 : 2013年3月2日(土)  8:30~10:45
 会場 : 常磐(ときわ)小学校
 対象 : 地元小学生40名

■日時 : 2013年3月3日(日)  9:00~11:00
 会場 : 網代(あじろ)小学校
 対象 : 地元小学生40名

■主催 : 岐阜県バレーボール協会
■講師 : 櫻井由香 Vリーグ機構事務局(元デンソーエアリービーズ)

V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
2013年3月2、3日に、V・チャレンジリーグ女子 岐阜大会で行われたバレーボール教室の様子をご報告いたします。

3月2日 土曜日。
この日の会場はV・チャレンジリーグ女子岐阜大会が行われる、JAぎふ アグリパーク鈴ヶ坂アリーナ近くの常磐(ときわ)小学校です。Vリーグと連動したバレーボール教室として、キッズエスコートに参加する子供たちが試合前に教室に参加し、その興奮のままVリーグの試合観戦するという企画となります。


教室は基本の型から始まり、所属チームとは関係がない混合チームをつくり試合を行い、他チームとの交流やリーダーシップの取り方など、普段では出来ないことに挑戦する教室となりました。これは「新しい自分を発見して欲しい」との思いからメニューに入れたのですが、最初は遠慮していたみんなも、最後にはお互いに声を掛け合うなど相手を思いやるようになり、教室を終えることが出来ました。


翌日、3月3日 日曜日 朝7時30分。今日の会場は自然に囲まれた網代(あじろ)小学校。
朝日に照らされた校舎や校庭はとても静かです。


しかし、体育館の中は子供たちの笑い声であふれていました。
なんと、開始時間が1時間遅れるというハプニングがあったためです。その時間を子供たちからの提案で鬼ごっこをすることとなり、体育館中が笑顔と笑い声でいっぱいになりました。私も一緒になって走り回りましが、子供たちの体力に歯が立たず、完敗。みんなの提案のおかげでとても良い時間を過ごせ、すっかり仲良くなれました。


そんなウォーミングアップで体も心も温まった教室は、みんなから積極的に行動し、時間も忘れてしまうほど明るく楽しく行われました。最後には恒例のじゃんけん大会をし、そのまま元気にVリーグの会場へと向かいました


今回で2回目となる、岐阜県バレーボール協会の方々とのタイアップ企画でしたが、2月の教室に参加してくれた子がまた来てくれる。という嬉しいことがありました。何度来ても楽しい。そんな教室もこれから考えていきたいと思います。
岐阜県バレーボール協会のみなさん、他、お手伝いいただいたみなさん、本当にありがとうございました。