バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

女子は久光製薬が2年ぶり6回目の優勝! 男子はパナソニックが4年ぶり5回目の王者に!

コラム・ギャラリー

ファンゾーン コラム

【レポート】NECと日立が快勝!~V・ファイナルステージ 女子ファイナル6大田大会(2/26)~

2016/17V・プレミアリーグ女子 V・ファイナルステージは2月26日(土)、大田区総合体育館にてファイナル6 5日目が行われました。

第1試合はNECレッドロケッツがJTマーヴェラスにセットカウント3-1で勝利。第2試合は日立リヴァーレがトヨタ車体クインシーズをセットカウント3-1で破り、2連勝を飾って、次ステージ進出へ大きく前進しました。

<第1試合>  NECレッドロケッツ3(25-20・18-25・25-27・25-16)1JTマーヴェラス
第1セットは、前日の勝利の勢いに乗って攻めるJTが田中瑞稀や中村亜友美のブロックなどで先行しますが、連敗を避けたいNECが徐々に対処して盛り返します。JTは中盤からシッティラック,オヌマーを投入しますが流れは変わらず。NECが25-20で先取しました。第2セットはJTが取り返しますが、第3セットは再びNECが取ってセットカウント2-1とリードします。第4セットはNECの古賀紗理那、ニコロバ,エミリヤが攻守に奮闘。ブロックやレシーブが好調なNECは、ラリーの応酬でも粘り続け、終わってみれば25-16で取って、セットカウント3-1でNECが勝利しました。NECの山田晃豊監督が試合後に「サーブで主導権を握れたことが大きかった」と語った通り、終始サーブで攻め続けてJTの攻撃を波に乗らせず、守ってはレシーブで粘り続けて、勝ち点3を獲得しました。



VOMはNECレッドロケッツ・近江あかり選手が受賞しました。



選手コメント
■NECレッドロケッツ
近江あかり 選手
「3レグでの(JTからの)敗戦が今日の勝利につながったと思います。JTが昨日久光製薬に勝って勢いに乗っていることは承知の上で、気持ちでも負けないということで試合に入ったことがこの結果になりました」

古賀紗理奈 選手
「前回のリードからの敗戦の反省を生かして、今日は最後の25点目を取るまで気を抜かずに出来たと思います。来週以降まだ2戦残っているので、最後まで勝ちきれるように全員でいい準備をしていきたいです」

■JTマーヴェラス

田中美咲 選手

「取れたセットは自分たちの形が出来ていたと思いますが、取られたセットは1本目や2本目のトスが乱れたりすることが多く出てしまいました。今日負けてもまだ可能性は残っているので、切り替えてやっていきたいです。あとはメンタルの戦いだと思っています」

田中瑞稀 選手

「相手のディフェンスが良く、粘ってこられたところを粘り負けしてしまい、決めるべきところで決められなかったので負けてしまったと感じています」


<第2試合>  日立リヴァーレ3(27-25・25-15・20-25・25-18)1トヨタ車体クインシーズ
第1試合の結果により、この試合の結果いかんでファイナル3以上への進出チームが決まる重要な一戦となりました。第1セットは先にトヨタ車体が攻勢に出ます。一方の日立は、今日はスタートから起用された渡邊久恵や途中出場の間橋香織らサイド陣の攻撃で追い上げます。20点過ぎに追いつくと、デュースへ持ち込み、最後は渡邊が決めて日立が第1セットを先取しました。第2セットも勢いそのままに日立のペースで進みます。日立は25-15でこのセットをものにして、勝ち星に王手。第3セットは、追い込まれたトヨタ車体がポリーナ,ラヒモワに回し続け、20-25でひとつ取り返します。第4セットは息を吹き返した日立が波に乗ります。勝負所で渡邊、間橋にボールを集めてペースを崩さず。日立が25-18でセットを取り、セットカウント3-1で勝利を収めました。日立は2連敗からの2連勝で、3位に浮上。次ラウンド進出へ向けて大きな勝ち点3を獲得しました。



VOMは日立リヴァーレ・渡邊久恵選手が受賞しました。



この日の試合結果により、NECレッドロケッツのファイナル6 3位以上及びファイナル3以上の進出が決定しました。

選手コメント
■日立リヴァーレ
佐藤美弥 選手
「個人的にはうまくいかない点や納得いかない部分も多かったです。途中出場の選手も含めて、アタッカーが持っている力を発揮してくれたので、みんなの力で勝てた一戦だったと思います」

佐藤あり紗 選手
「勝たないと次に進めないのでチーム一丸になって試合に入りました。1、2セットは自分たちのバレーができたと思いますが、3セット目を落としたときは細かいところにミスがありました。来週はそれを修正して、気持ちで負けないようにしたいです」

渡邊久恵 選手
「第1セットは出だしからリードを許してしまいましたが、中盤から自分たちのリズムをつかめて、そのまま2セットを取ることができました。3セット目は些細なミスからリズムを崩してしまったので、最後まで気を抜かずにやることを徹底しないといけないと改めて思いました」

■トヨタ車体クインシーズ
荒木絵里香 選手
「今日は何としても勝ちたい試合だとみんなで意識して挑んだですが、1セット目を逆転で取られてリズムを失ってしまい、悔しいです。個人的にも攻撃で点を取れなかったので課題が残る試合でした」

小田桃香 選手
「1セット目を取り切れなかったことはダメージがありました。そこから取り戻せなかったことが自分たちの弱みでもあると思います。個人的にレセプションには課題があったと思っています」