お知らせ・トピックス一覧

Vリーグ新テーマソングを下野ヒトシ氏がプロデュース

2012/10/26

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(代表理事会長・木村憲治)は、Vリーグの試合で選手が魅せる躍動
感や力強さ、そして試合を通じて展開されるドラマを象徴する音楽として「Vリーグテーマソング」を、また、Vリーグ
のシンボルとして、選手やVリーグに関わるすべての方々を讃える音楽として、「Vリーグアンセム」を新たに制作い
たしましたことをお知らせいたします。

「Vリーグテーマソング」、「Vリーグアンセム」はともに、音楽プロデューサーの下野ヒトシ氏プロデュースの楽
曲です。今シーズンから、Vリーグの会場音楽として活用してまいります。


【新たに制作した楽曲】
<Vリーグテーマソング>
『View To The Top』
<Vリーグアンセム>
『The Voice Of Glory』
 

【下野ヒトシ氏経歴】
17歳からプロの音楽家としての活動を開始。
アメリカ・ボストンのバークリー音楽院に入学し、
アメリカでの4年間の音楽活動を経て帰国、国内での音楽活動を開始。
これまでに国内外の数多くのアーティストのプロデュースに携わり、
現在も、プロデューサー、作編曲家、プレーヤーとして多方面で活躍中。
(下野氏が楽曲をプロデュースした主なアーティストに佐藤竹善、倖田來未、mihimaruGTほか多数)
 

<下野ヒトシ氏オフィシャルホームページ>
http://hitoshi-shimono.com

 

【下野ヒトシ氏コメント】
「今回、V.Leagueという日本を代表するリーグのテーマソングを書かせて頂き大変光栄に思います。
『View To The Top』はバレーボールの持つスピード、パワーをイメージしメインテーマソングとして、
そして『The Voice Of Glory』は試合を戦い抜いた選手の栄光を賞賛し、ファンの皆さんやV.Leagueに関わる全て
の方々を讃えるアンセムとして書きました。これらの楽曲が皆さんに末永く愛してもらえたら嬉しく思います。」


                 201210252012_1-300x0.jpg