トップ> チーム> チーム沿革

プレミアリーグ女子

チームの歴史

1999年6月、複数企業の協力で株式会社ウォークを設立、富山県黒部市を本拠地に日本初の運営方法による「シーガルズ」を発足させた。
前身の東芝時代には93年9月、大阪国際滝井高から河本昭義氏を監督に迎えてVリーグ(現V・プレミアリーグ)昇格も果たしている。
01年11月に本拠地を岡山県に移設。翌年の02年の高知国体から06年の兵庫国体まで5連覇を達成した。
2006年4月、チーム名を「岡山シーガルズ」とし、地域密着のクラブチームを目指すことを宣言。着実な歩みを見せて、2007/08シーズンには初の四強入りを果たした。2011/12シーズンに再び四強入りをしたあと、昨季は最高位の3位に食い込んでおり、いよいよ日本一も現実味を帯びている。

年表

年度 できごと
1999年(平成11年)

東芝バレー部を継承する形で創部

富山県に本拠地を置きチーム名「シーガルズ」

第6回Vリーグ初参戦(9位)

2000年(平成12年)

第1回Vカップ準優勝

2001年(平成13年)

本拠地を富山県から岡山県に変更

第2回Vカップ優勝

2002年(平成14年)

高知国体で優勝(以後2006年まで5連覇)

2005年(平成17年)

第54回黒鷲旗準優勝

2006年(平成18年)

チーム名を「岡山シーガルズ」に変更

2007年(平成19年)

2007/08Vプレミアリーグで初の4強入り