バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

チーム・選手

パナソニックパンサーズ

チームの歴史

社内の愛好家が集まり、1951年に創部。56年の全日本総合で初優勝。64年のオリンピックには森山輝久が出場。チームも全日本選手権(当時は都市対抗)、全日本実業団、国体、全日本総合と四大タイトルを制覇する。“東の鋼管、西の松下”と言われた日本リーグ初期は第1回大会から4年連続準優勝、第5回大会で念願の優勝。その後、浮き沈みもあったが、南部正司監督が就任した2007/08シーズンに、Vリーグとなってからは初(日本リーグ時代以来36年ぶり)の優勝。2009/10シーズンも王座を勝ち取ると、このシーズンは天皇杯、黒鷲旗も制し三冠を達成。2011/12シーズンにも見事優勝を飾り、2度目の三冠を成し遂げた。今季も頂点へと手をかける。

年表

1952年(昭和27年) バレーボール愛好者が集まって創部
1956年(昭和31年) 全日本総合選手権優勝(初の全国制覇)
1957年(昭和32年) 第6回都市対抗(黒鷲旗)準優勝。第7回、第11回も準優勝
1964年(昭和39年) 第13回都市対抗(黒鷲旗)優勝東京五輪に森山輝久が出場(銅メダル)この年、全日本実業団、国体、全日本総合でも優勝し国内4冠達成。
1966年(昭和41年) 第15回都市対抗(黒鷲旗)2度目の優勝第17回、第18回、第22回と優勝。準優勝も多く黄金時代を築いた
1968年(昭和43年) メキシコ五輪に木村憲治、横田忠義が出場(銀メダル)
1971年(昭和46年) 第5回日本リーグ優勝
1972年(昭和47年) ミュンヘン五輪に木村憲治、横田忠義、野口泰弘が出場(金メダル)
1976年(昭和51年) モントリオール五輪に横田忠義が出場
1981年(昭和56年) 第30回都市対抗(黒鷲旗)で8年ぶり6回目の優勝
1995年(平成7年) 第44回黒鷲旗準優勝。第46回大会も準優勝
1998年(平成10年) 第47回黒鷲旗優勝(17年ぶり7回目)
2007年(平成19年) 2007/08V・プレミアリーグ優勝(36年ぶり2回目の優勝)
2008年(平成20年) 第57回黒鷲旗優勝北京五輪に山本隆弘、宇佐美大輔が出場