バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

女子は久光製薬が2年ぶり6回目の優勝! 男子はパナソニックが4年ぶり5回目の王者に!

Vリーグについて

社会貢献活動

平成22年度チーム主催バレーボール教室開催実績

Vリーグ機構では、参加チームの協力を得て、バレーボールの普及と発展ならびに地域のスポーツの振興などを狙いとして、バレーボール教室を開催してきた。
年を追って、企画は充実かつ定着するとともに、その規模は拡大している。
平成19年度からは、チャレンジリーグのチームについても、活動を広げた。

なお、この事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センターの「競技強化支援事業助成金」の助成を受けている。

下表は、平成22年度のチーム別の実績である。







【考察】
  • プレミアリーグ男子
開催回数は、対前年比41%増。参加人数は、対前年比5%増。
  • プレミアリーグ女子
開催回数は、対前年比5%増。参加人数は、対前年比23%増。
  • チャレンジリーグ男子
開催回数は、対前年比109%増。参加人数は、対前年比101%増。
  • チャレンジリーグ女子
開催回数は、対前年比6%増。参加人数は、対前年比48%増。
  • 総合計(プレミアリーグ男女、チャレンジリーグ男女、34チーム実施)
開催回数は、対前年比38%増。参加人数は、対前年比24%増。