バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

Vリーグについて

社会貢献活動

平成16年度「Vリーグ選手と一緒にバレーボール教室」実施結果

日本バレーボール協会では、バレーボール人口拡大とりわけ青少年への普及拡大のために、いろいろな事業を行なっているが、昨年に引き続き今年も標題の「バレーボール教室」が行われることになり、Vリーグ選手も普及活動に一役買うことになっている。

価 値観の多様化や少子化の影響を受け、競技人口の減少に悩むスポーツ団体は少なくないが、バレーボールも例外ではない。特に、男子でその傾向は著しい。バ レーボール協会(以下、JVAと略す)では、従来から指導普及委員会を設置して、各種の施策を行なってバレーボール人口の拡大やそのための指導者育成など に力を入れてきた。
平成16年度から新たにVリーグ機構の協力を得て、"一貫教育推進事業「Vリーグ選手といっしょにバレーボール教室」~バレーボールをやってみよう~"をプログラムに追加した。
初年度は、表-1のとおり全国10会場で開催した。
また、標準的な日程は、表―2のとおり。親子でバレーボールの楽しさを体験してもらえるような内容となっている。
初めての事業であったが、2000名強の参加があり大成功であった。保護者を対象に行った講演会が大変好評で当初の目的を十分に達成できた。また、参加児童もVリーグ選手のプレーに大変感激し、満足感一杯の感想が寄せられた。
初めての試みであることから、経験者と未経験者の混在など、解決すべき課題もいくつかあったが、改善しながら普及事業として定着させていくことになっている。

平成17年度は、6月12日(日)茨城・鉾田町体育館を皮切りに、全国の10会場で行なわれることが決定しており、今から楽しみにしている親子も多いことと思う。こういう地味な活動の中から、次代を担うバレーボーラーや指導者が出てくることを期待する。

<表―1>H.16年度開催実績

No. 期日 開催場所 Vリ一グ選手
参加者
男子
女子
保護者
1
7/3
官城県
岩沼市
多治見麻子、内田役子、
吉田実代(以上パイオニア)
43 69 48 158
2
7/10
岡山県
山陽町
岡野弘子(シーガルス) 51 22 68 141
3
7/31
滋賀県
甲西町
東レ女子全員 19 117 59 195
4
8/28
岐阜県
山県市
刈谷淳司、尾上健司(以上JT)、
櫻井由香、石田さやか(以上デンソー)
34 89 109 232
5
9/4
奈良県
大和郡山市
諸隈直樹〈豊田合成〉 36 243 98 377
6
9/5
北海道
芽室町
朝長孝介(豊田合成) 57 138 74 269
7
9/11
東京都
細川延由(NEC)
宮崎謙彦(元・松下電器)
17 60 68 145
8
9/12
埼玉県
所沢市
細川延由(NEC〉 56 0 5C 106
9
9/12
福岡県
芦屋町
宮崎謙彦(元・松下電器)
田中幹保、清川健一(以上堺BZ)
35 70 50 155
10
9/23
静岡県
下田市
伊藤信博(堺BZ〉、泉川正幸(東レ) 30 1C0 105 235

378 908 727 2013

<表―2>標準の日程

時間
児童
保護者
9:30~10:00
受付・開講式
10:00~12:00 講話と実技指導 講演とディスカッション
~講師:Vリーグ選手ほか ~講師:JVA派遣講師ほか
13:00~14:00 模範演技とゲーム形式指導: ソフトバレーボール交流
14:00~15:00
親と子のソフトバレーボール交流
15:00~     
閉講式