Vリーグについて

2014/15シーズンから採用するVリーグ新開催方式について

【V・プレミアリーグ新方式の目的】

①レギュラーラウンドの順位をプレーオフに反映させ、優勝決定戦進出における有利性とすることで、レギュラーラウンドを活性化させること。

②ポストシーズンの長期化による、ポストシーズンの緊張感の創出。

③ポイント制導入による、“世界大会基準”の順位決定方法の導入。

 

【2014/15V・プレミアリーグ】

 

名称変更図

201409301926_1.gif

 

大会方式の変更と名称の変更

(1)男女とも8チームによる3回戦総当たり方式によるV・レギュラーラウンド。

(2)V・レギュラーラウンド上位6チームがV・ファイナルステージのファイナル6に進出する。残りの下位2チームの最終順位は確定し、V・チャレンジマッチ(入れ替え戦)に出場する。

(3)ファイナル6は6チームによる1回戦総当たり方式で行い、その最上位のチームが優勝決定戦に進出し、2位チームと3位チームがファイナル3に進出する。ファイナル6の4位~6位のチームの最終順位が確定する。

(4)ファイナル3はファイナル6の2位チームとファイナル6の3位チームによる1回戦で行い、勝者がに進出する。敗者は最終順位が3位に確定する。

(5)ファイナルはファイナル6の1位チームとファイナル3勝者による1回戦で行い、勝ったチームが優勝、敗れたチームが準優勝となる。

201409301926_2.gif

 

順位決定方式

<V・レギュラーラウンド>

 

(1)ポイント制を導入し、試合結果により次のポイントを付与する。

条件 ポイント
「3-0」もしくは「3-1」での勝利 3点
「3―2」での勝利 2点
「2-3」での敗戦 1点
「0-3」もしくは「1-3」での敗戦 0点
 

(2)V・レギュラーラウンドのリーグ戦の順位は、獲得したポイントの高いチームを上位とする。2つあるいはそれ以上のチームの獲得ポイントが並んだ場合は、勝率の高いチーム、勝率も同率の場合はセット率、セット率も同率の場合は得点率の高いチームを上位とする。
尚、得点率も同率となった場合は、当該チーム間での計算を行い、ポイント、勝率、セット率、得点率の順で上位チームを決める。

<ファイナル6>

 

(1)ファイナル6進出チームにはV・レギュラーラウンドの成績(順位)により予め、次の持ち点(ポイント)を付与する。

【ファイナル6進出チームに付与する持ち点の内容】
1位・5点 2位・4点、3位・3点、4位・2点、5位・1点、6位・持ち点なし
(※)上記の順位はV・レギュラーラウンド順位

(2)ファイナル6のリーグ戦の順位は、その進出時に付与された持ち点(ポイント)に、ファイナル6で獲得したポイントを加算し、ポイントの高いチームを上位とする。ポイントが並んだ場合は、V・レギュラーラウンド順位上位チームを上位とする。

 

【2014/15 V・チャレンジリーグ】

 

(1)大会方式は2013/14シーズンまでと同様の大会方式にて行う。

(2)順位決定方式は2014/15V・プレミアリーグ V・レギュラーラウンドと同様の方式(ポイント制)を採用する。