バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

V・チャレンジリーグⅠ 今週のみどころ 【第6週目】

V・チャレンジリーグⅠ 今週のみどころ 【第6週目】

2017/12/07

■V・チャレンジリーグⅠ女子大会







V・チャレンジリーグⅠ女子大会 第6週目は、入善大会(富山県)/広島大会(広島県)にて開催します。

入善大会は、KUROBEアクアフェアリーズのホームゲームとなります。
今シーズンのKUROBEは、舛田紗淑・馬場ゆりからが移籍加入しました。さらにはアメリカ出身のジョンソン,ジュリアンを獲得し、戦力を強化するなど虎視眈々と女王の座を狙っています。
チーム技術集計で、サーブレシーブ成功率が1位になるように、安定した守備力がKUROBEの魅力です。リベロ馬場と、和才奈々美のレシーブから、司令塔・南美寿希が丸山紗季、太田あかりのコートを幅広く使った攻撃や、倉見夏乃の速攻などの多彩なトス回しで3位をキープしています。
暫定ながら首位・岡山シーガルズにポイント差 「3」 に迫るKUROBE。今週末の結果次第では首位に浮上する可能性もあり、トヨタ自動車ヴァルキューレ、JAぎふリオレーナ相手に勝利を収めたいところです。

広島大会は、大野石油広島オイラーズのホームゲームとなります。
大野石油は、昨シーズンからメンバーが大幅に入れ替わり若返りを図っていることから、思うような試合運びができていません。まずは、自チームのミスを少なくし、いかに得点を重ねるかがポイントになるでしょう。リベロの藤田萠英を中心とした安定したサーブレシーブから、吉里遥、吉本梓穂らのパワフルなアタッカー陣がどこまで踏ん張り、しぶとく巻き返せるかが試合の行方を決めそうです。
現在大野石油は7位ですが、4~7位チームの差が4ポイントしかない状態です。好調な岡山シーガルズとPFUブルーキャッツ相手に、大野石油がホームでどこまで意地を見せることができるか注目です。

 
 
 

 

■V・チャレンジリーグⅠ男子大会







V
・チャレンジリーグⅠ男子大会 第6週目は、三郷大会(埼玉県)/みよし大会(愛知県)にて開催します。

三郷大会は、埼玉アザレアのホームゲームとなります。
埼玉は開幕早々に大分三好ヴァイセアドラーに勝利しましたがそれ以降はV・チャレンジリーグの高い壁に勝ち星が伸びていません。埼玉も試合中盤までは競り合いの攻防を見せますが、ここ一番での守備力の差が勝利の差になって現れています。今後に向けてブロック力、スパイクレシーブが上がれば、エース茂木祐太、小島大輝を生かすバレーができるでしょう。

みよし大会は、トヨタ自動車サンホークスのホームゲームとなります。
トヨタ自動車は、全員で守り、全員で攻めるのがトヨタ自動車のスタイルです。今シーズンは、セッター東野晴輝を中心とした持ち前の全員バレーが発揮できずにいます。
トヨタ自動車が勝利を掴むには相手に自由にプレーをさせないためにしっかりと守備を固めることが重要になります。1レグでは課題が残る結果となってしまいましたが、粘り強く相手の攻撃を止められれば、攻守に渡り活躍をしている松下大悟や、昨シーズンからレギュラーに定着し実力をつけてきた吉岡衛、存在感を増したミドルブロッカー森本浩矢らの得点力で勝利をつかむことができるでしょう。
今週末のホームゲームは、上位に引き離されないためにも重要な試合となるでしょう。