バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

2017/18V・プレミアリーグ 今週の見どころ 【第7週目】

2017/18V・プレミアリーグ 今週の見どころ 【第7週目】

2017/12/01

■V・プレミアリーグ女子大会


V・プレミアリーグ女子は7週目に入り、先週でV・レギュラーラウンドを折り返しました。首位は依然無敗を守る久光製薬スプリングスです。11試合で32ポイントを挙げ、他チームの結果次第では今週にもファイナル6進出が決まる可能性もあるなど、独走を続けています。久光製薬を8ポイント差で追いかける2位のJTマーヴェラスは、ホームゲームの加古川大会で久光製薬と直接対決を迎えます。チームをけん引するミハイロヴィッチ,ブランキツァが先週の勝利者インタビューで「ここまでいいかたちで来ているので、これ以上故障者も出さないようにみんなで頑張っていきたい」と話した通り、現在4連勝中と好調を維持しています。この勢いに乗って久光製薬に初めての土をつけられるか注目が集まります。加古川大会ではトヨタ車体クインシーズ対上尾メディックス戦も組まれています。トヨタ車体は序盤に白星が先行していましたが、その後連敗を喫し、16ポイントの4位に位置しています。先週はNECレッドロケッツにフルセットで勝ち切り、今週は上尾、首位の久光製薬との対戦ですが、これをきっかけに再び浮上していきたいところです。加古川大会/尼崎大会のイベントは、JTのネイルシールやフェイスシールのプレゼント、フォトパネルやトリックアートも予定されています。



もう一方の日立大会は日立リヴァーレのホームゲームとして行われます。今年の1月にオープンした日立市池の川さくらアリーナではVリーグ初開催となります。現在最下位の日立はなかなか勝ち星に恵まれず、厳しい戦いが続いています。先々週の山口大会では栗原恵の活躍やセッター佐藤美弥のトス回しも冴え、フルセットで勝利を収めましたが、先週は黒星を喫し、地元で仕切り直しとなります。今週は順位の近いNECやデンソーエアリービーズとの対戦です。先週には渡邊久恵が今シーズン初出場を果たすなど光明もあり、ここから巻き返しを図ります。日立大会では日立のホームゲームイベントとしてサインボールの投げ込みなどが行われます。




 

■V・プレミアリーグ男子


男子も7週目を迎えます。28ポイントで首位を走るパナソニックパンサーズは、大阪・枚方市のパナソニックアリーナでホームゲームを戦います。パナソニックは、先週のFC東京戦でセッターを深津英臣に代えて関田誠大を今シーズン初スタメンに起用すると、期待に応えた関田の活躍もあり、3-1で勝利を収めて5連勝を飾りました。今週は8ポイント差で2位の東レアローズと日曜日に戦います。前回対戦ではパナソニックが3-1で勝利していますが、東レも4連勝中と調子を上げています。東レは先週のジェイテクトSTINGS戦でもフルセットにもつれながら、「粘り強いバレーを実践」(小林敦監督)して勝ち切りました。ファイナルステージに向けて、好調なチーム同士の一戦にご注目下さい。枚方大会ではパナソニックのホームゲームイベントとして、「アリーナを青く染めよう」と題し、青いものを身に着けた観戦を呼びかけ、先着でのプレゼント配布などが予定されています。



堺ブレイザーズも地元の堺大会に、パナソニックと同じく、東レとサントリーを迎えます。堺は9ポイントで7位にいますが、最近5試合で3勝2敗と調子を上げており、ファイナルステージ進出に向けて、ポイントを積み重ねたいところです。日曜日に対戦するサントリーはひとつ上の6位につけています。1レグでは堺がフルセットで勝利して連敗をストップしており、「好相性」の相手から連勝を狙います。また、堺大会では、お宝オークションや謎解きイベントなどが行われます。



呉大会はJTサンダーズのホームゲームとなります。17ポイントで3位のJTは、日曜日に5位のジェイテクトと対戦します。ジェイテクトは先週に二日連続でフルセットにもつれ1勝1敗とタフな戦いを強いられました。JTとは2ポイント差と拮抗しており、今週も白熱した戦いが期待されます。呉大会の日曜日もう一カードは、豊田合成トレフェルサとFC東京が対戦します。FC東京は先週も手塚大や長友優磨らが存在感を放ち良い試合をしながらも、惜しくも勝利には届きませんでした。一方の豊田合成も序盤に連勝を重ねながら現在は4連敗中と調子を落としています。是が非でも勝利の欲しい両チームの気迫のこもった対戦にもご注目下さい。呉大会では、地元の広島東洋カープ・岩本貴裕選手の始球式なども予定されています。