バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

2017/18Vリーグ 今週のみどころ 【V・プレミアリーグ第4週目】

2017/18Vリーグ 今週のみどころ 【V・プレミアリーグ第4週目】

2017/11/09

■V・プレミアリーグ女子大会


V・プレミアリーグ女子は4週目に入り、刈谷大会と甲府大会の開催です。まだまだ序盤のため順位は大きく変動する可能性がありますが、刈谷大会には現在の上位4チームが集まります。ホームチームのトヨタ車体クインシーズは、先週のデンソーエアリービーズとの「愛知ダービー」を制するなど2連勝と波に乗って地元に戻ってきました。トヨタ車体は土曜日にJTマーヴェラスを迎えます。JTはセットによってやや波が見られ、フルセットにもつれることも多いですが、5戦で3勝して勝ち点8を挙げています。トヨタ車体はネリマン,ゲンシュレック、JTはミハイロヴィッチ,ブランキツァに多くのボールを集め、これに上尾メディックスのカルカセス,ケニアを加えた3選手が総得点ランキングで4位以下を大きく引き離しています。世界トップクラスの外国籍選手の豪快な打ち合いも楽しみです。トヨタ車体は日曜日には久光製薬スプリングスと対戦します。久光製薬は唯一全勝を守り、順調な戦いぶりを見せていますが、先週の試合後には「まだまだチームとして修正していかないといけない」(酒井新悟監督)とさらに気を引き締めています。トヨタ車体が、アキンラデウォ,フォルケや岩坂名奈らの高さある久光製薬のブロックを崩せるかどうか、先週は好調なトスさばきを見せたセッター比金桃子にも注目です。久光製薬が他の上位チームを倒して1レグ全勝を飾れば徐々に独走態勢も見えてくるため、阻止したいトヨタ車体は、勢いに乗って迎えるこのホームゲームで勝利を狙います。また刈谷大会のホームゲームイベントでは、スクラッチカードによる抽選会(先着2000名)や、トヨタ車体の写真展、試合終了後にはマフラータオルの投げ込みなどが行われる予定ですので、お楽しみに。

  

甲府大会では各チームの若手選手に注目して下さい。土曜日の第1試合はNECレッドロケッツ対東レアローズ戦です。世代交代を進め、開幕から若手を積極的に起用するチーム同士の対戦となります。NECは試合によって波はありますが、2勝して6ポイントを挙げています。塚田しおりや山内美咲ら新人が早くもスタメンに定着するなど、期待される若手選手が揃っているため、試合経験を積んでいけば徐々に安定していくことでしょう。一方の東レは開幕から未勝利が続きましたが、先週のホーム大津大会で初勝利を挙げました。試合後には苦しい時期を乗り越えてつかんだ喜びが溢れました。すでにチームの中心で活躍する黒後愛が「この1勝で勢いに乗って来週も勝てるように」と勝利者インタビューで語った通り、先週の勝利をきっかけに飛躍を目指します。

  

土曜日の第2試合はデンソーと日立リヴァーレの対戦です。この2チームもまだ1勝と、今後の巻き返しを図ります。デンソーは新人の朝日優衣、日立には長内美和子らの若手が開幕から主力として存在感を放っています。甲府大会では、今後のVリーグを背負って立つスター候補たちから「推しメン」を見つけて下さい。

 

■V・プレミアリーグ男子


男子の4週目は京都大会と深川大会(北海道)が行われます。京都大会では豊田合成トレフェルサの試合に注目が集まります。豊田合成はパナソニックパンサーズとの全勝対決をフルセットの熱戦の末に制し、唯一の5連勝を遂げました。主力が元気で、点を取るべきところで取ることができています。中でもイゴール,オムルチェンは今シーズンも変わらずに豪腕を振るい、パナソニック戦では60打数で38得点、決定率63.3%と大車輪の活躍でチームを勝利に導きました。イゴールや高松卓矢らの強烈なサーブもチームの大きな武器であり、サーブで相手を崩して、更なる連勝を狙います。今週は土曜日にFC東京、日曜日はサントリーサンバーズとの対戦です。FC東京はまだ勝ち点こそ挙げていませんが、先週は東レアローズに肉薄しました。東レ戦ではペピチ,ミランが28得点(決定率56%)とチームをけん引しましたが、手塚大や長友優磨らも加えたポテンシャルの高い攻撃陣がリズムに乗れるかどうかがポイントです。サントリーは勝ち点7を挙げていますが、黒星が先行し、まだ波に乗り切れていません。ストレートで敗戦した先週のジェイテクトSTINGS戦後に「いいスタートを切れたが、サーブミスが多く、流れをつかむことが出来なかった」と荻野正二監督が振り返った通り、ミスが続いて失点する場面も見られました。サントリーはエスコバル,ヤドリアンと栗山雅史が攻撃の軸となります。この二人も波はありますが、調子に乗せたら一気に得点を重ねられることが魅力です。今週は現在下位にいる2チームが爆発力を携えて、首位の豊田合成に挑みます。

 

深川大会では土曜日に東レとパナソニックが対戦します。パナソニックは前述の通り、豊田合成との全勝対決には惜敗しましたが、1ポイント差で2位につけています。今週は初黒星のあとの大事な試合となります。対する東レは、先週のFC東京戦で苦しい展開からの「粘り勝ち」を収め、2連勝と調子を上げてきています。新加入のギャビン,シュミットも徐々にフィットし連係も向上しています。戦力も豊富でかつ好調なチーム同士の対戦は目が離せません。



土曜日にはジェイテクトとJTサンダーズの試合も組まれています。ジェイテクトは先週のホーム橿原大会でサントリーにストレート勝ちするなど勢いもあり、これまで3勝をマークして3位につけています。一方のJTも先週の試合で堺ブレイザーズをストレートで下しました。エドガー,トーマスや山本将平を柱にこちらも3勝で上位を追走しています。JTは深川市から近い芦別市で例年合宿を行っており、今週は縁のある土地で連勝を狙います。