バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

2017/18Vリーグ 今週のみどころ 【V・プレミアリーグ第3週目】

2017/18Vリーグ 今週のみどころ 【V・プレミアリーグ第3週目】

2017/11/02

■V・プレミアリーグ女子大会


V・プレミアリーグ女子は3週目を迎え、西尾市と大津市で開催されます。ここまで3戦全勝は久光製薬スプリングスのみと、各チームが星を分けてスタートしました。今週ホームの大津大会を戦う東レアローズは、まだ勝利がなく、地元で久光製薬と上尾メディックスを迎え撃ちます。東レは、木村沙織と迫田さおりが引退し、堀川真理や田代佳奈美を中心に据えながら、高卒新人の黒後愛、リベロの中川有美らの若手を積極的に起用しています。中でも黒後は堀川と分け合いながら多くのボールを託され、ハツラツとしたプレーで早くも存在感を際立たせいます。東レは試合を重ね、新戦力がよりチームにフィットすれば、上位争いに食い込んでいくでしょう。今週も元気ある「若い力」で地元を湧かせてくれるはずです。



西尾大会はデンソーエアリービーズのホームゲームとして開催されます。デンソーは今年の4月に西尾市とホームタウン協定を結び、今シーズンからユニフォームの右肩に「西尾市」のロゴを付けて試合に臨んでいます。最初のホームゲームとなる今週は、本拠地の近いトヨタ車体クインシーズとの「愛知ダービー」もあり、大きな盛り上がりを見せることでしょう。デンソーはこれまで1勝2敗ですが、全日本でも活躍した石井里沙や鍋谷友理枝など実力派の選手が揃っています。土曜日のトヨタ車体に続き、日曜日はJTマーヴェラスとの対戦です。トヨタ車体はネリマン,ゲンシュレック、JTはミハイロヴィッチ,ブランキツァと、どちらも新外国籍選手の大砲を携えています。これをどう抑えるかがカギになりますが、まずはサーブで攻め、クリスティアネ,フュルストが中心となるブロック、そしてレシーブを粘るトータルディフェンスで安定させたいところです。逆に攻撃面では、トヨタ車体のネリマンや荒木絵里香、JTの奥村麻依や芥川愛加などブロック力の高い選手の揃うチームに対して、いかにトスを分散して攻めていけるか、セッター田原愛里のトス回しにも期待がかかります。ぜひお見逃しなく。




 

■V・プレミアリーグ男子


男子大会も女子同様に3週目に入ります。パナソニックパンサーズと豊田合成トレフェルサがともに3連勝の勝ち点9で並んでいます。パナソニックはホームゲームの福井大会にて、土曜日にJTサンダーズ(2勝1敗)、日曜日には豊田合成と、好調な滑り出しを見せた2チームとの対戦が組まれています。パナソニックは清水邦広や福澤達哉、ミハウ,クビアクといった昨シーズンは故障で出場機会の限られた選手たちが活躍を見せています。経験豊富なベテラン陣に若手の台頭で選手層も厚く、このまま今週も波に乗れれば昨シーズンと同じような序盤の連勝街道も見えてくるでしょう。対戦相手のJTは、エドガー,トーマスや山本将平を軸に強烈なサーブやスパイクを打ち込みます。サーブで崩しながら、いかに得点源を封じ込めるか注目です。翌日の豊田合成との直接対決は、今後のリーグを占う試合になるかもしれません。共に土曜日に勝利した場合は5連勝をかけての対戦となり、勝利したチームが前半戦をけん引していくのは間違いないでしょう。豊田合成はエースのイゴール,オムルチェンや高松卓矢が力強いプレーでチームを引っ張り、開幕から司令塔として起用されている前田一誠も堂々としたトスさばきを披露しています。両チームとも重要な試合でどれだけこれまで同様のプレーが出来るかどうかがカギになります。



橿原大会はジェイテクトSTINGSのホームゲームです。ジェイテクトは先週の豊田合成との「愛知ダービー」では敗戦しましたが、2勝1敗で6ポイントを挙げています。カジースキ,マテイを中心に浅野博亮やセッター対角に入る清野真一らをセッターの久保山尚が操ります。ジェイテクトが土曜日に対戦する前年度王者の東レは、連覇のためにチームに変化をもたらし、新外国籍選手のギャビン,シュミットにボールを集めますが、まだペースをつかみきれない場面が見られました。とは言え、昨シーズンの優勝メンバーも多く残り、連携を徐々に改善出来れば上位争いに加わることでしょう。ジェイテクトは、ギャビンをリズムに乗せずに、どれだけ崩せるかがポイントになります。