バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2016/17Vリーグ 今週のみどころ【V・チャレンジリーグⅠ11/5・6版】

2016/17Vリーグ 今週のみどころ【V・チャレンジリーグⅠ11/5・6版】

2016/11/04

★V・チャレンジリーグⅠ男子

男子のV・チャレンジリーグⅠは茨城県土浦市にて全8チームが集結して開幕します。開会式直後の第1試合は、昨シーズン優勝の富士通カワサキレッドスピリッツと、準優勝の大分三好ヴァイセアドラーと、いきなり優勝候補同士の好カードです。富士通は、セッター新貴裕の巧みなトスさばきから、横田圭祐のクイックや、「明るく、楽しく、強く」の富士通バレーを体全体で表現する中川剛をはじめとする高い攻撃力で、リーグ連覇とV・チャレンジマッチ勝利を目指します。

201611041345_1.jpg

1ポイントの差で優勝を逃した大分三好は、細川優樹が新キャプテンとなり「団結」をテーマにチーム一丸となり戦います。昨シーズンの得点王とスパイク賞を受賞したヤカン・グマを筆頭に、石垣公也、さらに6人の新人選手を加えて、今シーズンは王者奪還を目指します。軟攻を織り交ぜた巧みな攻撃を繰り出す富士通と、高さと破壊力の大分三好の、タイプの異なる高い攻撃力を持つ両チームの対戦は必見です。

201611041345_2.jpg

次に優勝争いに食い込んできそうなのは、昨シーズン3位のトヨタ自動車サンホークス。若いチームらしく機動力を生かし、サーブ賞にも輝いた徳尾直哉がチームをけん引します。対する大同特殊鋼レッドスターはセッター長谷川優太や最優秀新人賞に選出された田中尚らのさらなる成長で上位を狙っています。

警視庁フォートファイターズは、2日目に埼玉アザレアと初戦を戦います。リベロの石川俊輔を軸に、全員バレーで昨シーズン5位からの再起を誓います。後半の追い上げで入替戦を回避した埼玉は司令塔・金丸真司のトスを攻撃陣がいかに頭脳的に決められるかがポイントです。若手とベテランをうまく融合しながら、上位進出を狙います。
 
地元ファンの声援を受けて開幕を迎えるつくばユナイテッドSun GAIAはメンバーが大幅に入れ替わり、新キャプテンとなった滝澤陽紀らがどうチームをまとめるのか注目されます。

昇格チームのVC長野も期待を集めています。昨シーズンはVリーグ初参戦ながらV・チャレンジリーグⅡを制し、入替戦でも東京ヴェルディを下して、1年での昇格を達成。今シーズンの台風の目となれるか注目です。

★V・チャレンジリーグⅠ女子

開幕週では、V・プレミアリーグから降格したデンソーエアリービーズと上尾メディックスがそれぞれ2試合を快勝し、1年での「プレミア復帰」を目指して、好スタートを切りました。

2週目は、朝日大会(富山県)とうきは大会(福岡県)を開催。注目の試合を紹介します。

朝日大会をホームチームとして戦うKUROBEアクアフェアリーズは、初戦で大野石油広島オイラーズと対戦します。新キャプテンに丸山紗季が就任し、平均年齢23歳とさらに若いチームになったKUROBEに、持ち味である粘りと高さを武器に上位進出を目指す大野石油が挑みます。

201611041345_3.jpg   201611041345_4.jpg

大野石油には現在総得点・アタック決定本数2、3位の高本佳澄・松本晴香の両エースを中心に高い攻撃力があります。一方のKUROBEは、宮城奈菜子のブロック、和才奈々美のサーブレシーブなどの高いディフェンス力を有し、攻守のバランスが取れたチームです。実力が拮抗し、カラーの違う両チームの対決は接戦が期待されます。