トップ> お知らせ・トピックス一覧> 選手に聞きました!~内瀬戸真実選手編~

選手に聞きました!~内瀬戸真実選手編~

2014/06/10

選手に聞きました!~内瀬戸真実選手編~
Vリーグ設立から20周年を迎えた2013/14シーズン。
2020年に開催される東京オリンピックに向けてVリーグの有望な選手に期待を込めて贈られる賞『ニューヒーロー賞/ニューヒロイン賞』を新たに制定しました。
今季Vリーグ20周年『ニューヒロイン賞』を受賞して、全日本にも選出された内瀬戸真実選手(日立リヴァーレ)が「今、感じていること」をお届けします!

ーVリーグも終わり、現在の心境は?(全日本に初選出されて)

『(国内シーズンが終わり)まずホッとしています。^^
高校生の頃は、Vリーグに入るなんて思っていませんでした。
初めての試合は、緊張して思うようなプレーができませんでした。少しずつ試合に慣れてからは平常心を保つことができるようになりました。
国内シーズンが終了してから休みが5日間あったので、地元の宮崎県に帰りました。休み中は、鹿児島へ後輩に会いに行ったりして過ごしました。
今回全日本に初めて選ばれて緊張しています。自覚を持って2014女子世界選手権(イタリア)に出られるようアピールしていきます。』

 

ー20周年ニューヒーロー賞を受賞して何か変わった?

『とても驚きました。周りの方達にそういうふうに見ていただいているということが自信につながりました。』

 

ー目標とする選手は?

『小さい時は、パワフルな佐々木みき選手(元パイオニアレッドウィングス)です。
また同じ高校の先輩の新鍋理沙選手(久光製薬スプリングス)にも憧れています。』

 

ー抱負・目標は?

『自分の持ち味であるスピードとパワーを生かしてがんばりたいです。
2014女子世界選手権に出れるようにがんばります!』

 

ーメルマガ読者に一言もらいました♪

『私のアピールポイントは、レセプション(サーブレシーブ)からの速い攻撃です。
レセプションをしっかりセッターに返すプレー、そしてスピードのあるバレーを見てください。
世界に通用するかわかりませんが、全日本では自分のできることをやっていきます!』

 

内瀬戸選手は、今シーズン途中、鹿屋(かのや)体育大学から加入し、チームを四強争いに加わる原動力として活躍。
特にそのレシーブ力は、特に日本の守りの要として将来が期待されます。
ニューヒロイン賞に輝いた内瀬戸選手の全日本での活躍にも期待大です!

 

»内瀬戸選手のプロフィールはコチラ

 
※「Vリーグ・メールマガジン」では、Vリーグの様々な情報、ウラ話、その他バレーボールの話題をお届けしています。 購読をご希望の方は、メールアドレスのご登録をお願いいたします。(メルマガ登録は無料です)
▽メールマガジンの申込はコチラ
http://www.vleague.or.jp/magazine/