お知らせ・トピックス一覧

【結果】 FIVB世界クラブ女子選手権大会2014 (予選リーグ戦)

2014/05/07

予選リーグ<5月7日(水)>予選リーグ戦

【スコア】


久光製薬
スプリングス

(日本)
(1敗)



12 - 25


Molico Osasco
(ブラジル)
(1勝)

25 - 20
18 - 25
22 - 25
     

 



<スターティングメンバー (第1セットのみ)>
 

1番:長岡

4番:岩坂

3番:新鍋

 

(リベロ)

 

6番:石井

9番:平井

2番:古藤

 

12番:筒井(さ)

 


 
【戦評】
第1セット、相手の高さにスパイクが通らず、ミスが続き連続ポイントを許してしまう。しかし、中盤から長岡、新鍋が相手ブロックを上手く利用し得点を重ねるもセットを落とす。
第2セット、岩坂のサーブポイントで好スタートを切ると、4連続ポイントで流れにのる。岩坂や平井中心にブロックが光り、相手のミスを誘いこむと、その後は勢いに乗りセットを奪った。
第3セット、2点リードされている状況での一進一退のが続く状況の中、新鍋が2連続ブロックを決め12-12と同点に追いつく。しかしその後はリズムを掴めず18-25でセットを落とした。
第4セット、相手の壁のようなブロックに捕まり1-8と大きくリードされてしまう。岩坂・平井の両選手がクイックを決め流れを引き寄せ、ナイスプレーが続出するが、終盤はミスが増え1-3で敗れた。
明日はロシア代表、ガモア率いるKazanと対戦する。

【監督コメント】
はじめに、このような世界大会への出場にあたり、多くの方々に感謝申し上げます。
世界で活躍するトップ選手を前に、改めて『高さ』と『パワー』を痛感させられる試合だった。そんな中でもセットを取ったことはチームにとっても大きな財産となるだろう。
通用した点は自信に、通用しなかった点は今後の課題に、選手・スタッフそれぞれがより多くのものを得て帰れる大会にしたい。


2014-world-hisamitsu2.JPG

(写真提供:久光製薬スプリングス)
 

■今回の遠征メンバー

・団長:萱嶋 章
・監督:中田 久美

 <選手>
・1番 長岡 望悠
・2番 古藤 千鶴
・3番 新鍋 理沙
・4番 岩坂 名奈
・5番 水田 祐未
・6番 石井 優希
・7番 筒井 視穂子
・8番 野本 梨佳
・9番 平井 香菜子
・11番 狩野 舞子
・12番 筒井 さやか
・15番 石田 瑞穂 ※キャプテン