バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

ニュース・トピックス

【レポート】久光製薬がストレートで初戦に勝利!~V・ファイナルステージ 女子ファイナル名古屋大会(2018/3/10)~

2018/03/10

2017/18V・プレミアリーグ  V・ファイナルステージは3月10日(土)、日本ガイシホール(愛知県名古屋市)にてファイナルの1日目が開催されました。

第1試合の女子ファイナルの第1戦は久光製薬スプリングスがJTマーヴェラスにストレートで勝利を収め、翌週の第2戦
グランドファイナルへ向けて弾みをつけました。

<第1試合>V・プレミアリーグ女子ファイナル JTマーヴェラス 0(9-25・20-25・21-25)3 久光製薬スプリングス

ファイナルのカードは7年ぶり2回目の優勝を目指すJTマーヴェラスと、2年ぶり6回目の王者を狙う久光製薬スプリングスの対戦となりました。





第1セットの立ち上がりから久光製薬がリズムをつかみます。序盤にアキンラデウォ,フォルケのサーブやブロードで得点を重ねます。JTはなかなかサーブレシーブが安定せずに、エースのミハイロヴィッチ,ブランキツァにいい形でトスを供給出来ずに、終始ペースをつかめません。サーブの走る久光製薬が一気に波に乗って、9-25の大差で第1セットを取りました。



第2セットも久光製薬が常に先行します。久光製薬は石井優希や野本梨佳、新鍋理沙のサイド陣にバランス良くトスを回し、そこにアキンラデウォや岩坂名奈のセンター線が絡んで幅広い攻撃を仕掛けます。JTは、第1セットで見られた固さも徐々にほぐれ、ミハイロヴィッチを中心に少しずつ追い上げますが、なかなか波に乗りきれず。第2セットは20-25で久光製薬が取って、2セットを連取しました。





第3セットは、2セットダウンと後のなくなったJTが盛り返します。ミハイロヴィッチや目黒優佳が交互に決めて8-7と最初のテクニカルタイムアウトを取ると、芥川愛加や奥村麻依のスピードあるセンター線も機能し、17-14と中盤までリードを保ちます。久光製薬はここから古藤千鶴のサーブで連続得点を重ねて17-19と逆転すると、石井のスパイクが連続で決まって、21-25と一気にこのセットも奪取。久光製薬がファイナルの初戦をストレートで先勝しました。



これで久光製薬が1勝となり、翌週の対戦で久光製薬が再び勝てば今シーズンの優勝が決定。逆にセットカウントに関係なくJTが勝利すれば、試合終了後にゴールデンセット(優勝チームを決める25点制の1セットマッチ)が行われます。

VOMは久光製薬スプリングスの岩坂名奈選手が受賞しました。



選手コメント
■JTマーヴェラス
吉原知子 監督
「久光製薬の思うようなバレーをさせてしまいました。こちらは経験の浅い選手たちが多く、緊張してがちがちだったと思います。それも想定内ではありましたし、どこかで我に返ってほしいなと思って、早めにタイムアウトをとりましたが、レシーブがうまくいかず、トスも乱れたことで、アタッカー陣も苦しくなり、カバーできませんでした」



■久光製薬スプリングス
酒井新悟 監督
「JTのブロックとディグ、そしてミハイロヴィッチ選手の攻撃力をどう崩すか、また、前回はサーブで崩されたので、こちらがどれだけサーブで主導権を握れるか(が大事)と思って臨みました。サーブで終始、主導権を握れましたし、ミハイロヴィッチ選手のバックアタックにブロックが2枚しかつけないときもありましたが、途中からは3枚つくことができました。
前半はサーブで崩れる場面もありましたが、次第に周りの選手がいいトスをあげてくれて、ブレイクされなかったのが重要なポイントでした。今日勝ったことは、アドバンテージとしては大きいですが、本当の勝負は来週です。相手も変えてくると思うので、神戸に戻って練習して、しっかり準備したいです」



新鍋理沙 選手
「今日に向けて一週間いい準備ができて、立ち上がりからいい試合ができました。もう一戦ありますが、うまくいかなくなる時も絶対にあると思うので、そのための準備をして、来週に臨みたいと思います」

石井優希 選手
「サーブでよく相手を崩せて、相手のスパイカーの的を絞っていけました。ただ、後半は相手の軟打のボールをお見合いしたり、はじいてしまった時間帯があったので、相手の変化へのケアをもっとっきっちりして、今日の反省を踏まえて、来週は今日以上にいい試合で戦いたいと思います」