バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

ニュース・トピックス

【レポート】久光製薬とJTが3連勝~V・ファイナルステージ 女子ファイナル6津大会(2018/2/17)~

2018/02/17

2017/18V・プレミアリーグ女子 V・ファイナルステージ ファイナル6の2週目は2月17日(土)、津市産業スポーツセンター(サオリーナ)にて津大会の1日目が開催されました。2017年に開館したサオリーナではVリーグ初開催となります。

第1試合は現在1位の久光製薬スプリングスが5位のNECレッドロケッツにセットカウント3-1で勝利しました。
第2試合は2位のJTマーヴェラスが4位のデンソーエアリービーズをストレートで下し、第3試合は6位の東レアローズが3位のトヨタ車体クインシーズにセットカウント3-1で勝利し、ファイナル6初勝利を飾りました。

<第1試合>  久光製薬スプリングス 3(25-18・19-25・25-20・25-23)1 NECレッドロケッツ

久光製薬は新鍋理沙に代わって、新加入した井上愛里沙(筑波大在学中)をスタメンで起用。すでに全日本代表経験もある井上はファイナル6の重要な試合でVリーグデビューを飾りました。



第1セット、序盤から久光製薬が先行します。井上や今村優香のアタックで徐々に引き離しにかかると、NECも古賀紗理那や柳田光綺らを中心に対抗します。アキンラデウォ,フォルケや岩坂名奈らセンター陣も得点を重ね、最後は今村のノータッチエースが決まり、25-18で久光製薬が先取しました。

第2セットは逆にNECがリズムをつかみます。NECは全員で懸命にボールを拾い、打っては島村春世や柳田、山内美咲らがバックアタックにブロードなど機動力を生かして7連続得点とリードを広げます。そのままNECが波に乗って第2セットを19-25で取り返しました。

第3セットもNECの勢いが衰えません。古賀の4連続得点で1-7とリードすると、久光製薬はこのセット2回目のタイムアウトを挟んで間を取ります。タイムアウト明けから、久光製薬もアキンラデウォや井上が決めると、徐々に差を詰めて中盤で追いつきます。そこから一進一退になりますが、20-20から井上がアタック、ブロックと3連続得点。さらに石井優希のサービスエースでセットポイントとすると、最後は再び井上が決めて25-20と一気にこのセットを奪いました。

第4セットは互いに点を重ね、競り合いながら進みます。久光製薬はサイドの井上や今村ら若手がハツラツとしたプレーを見せわずかにリードしますが、NECも山内や大野果奈が力強いスパイクを決めて23-23で同点に追いつきます。久光製薬はここから岩坂、石井と連続ブロックポイントを挙げて、25-23でNECを振り切りました。セットカウント3-1で久光製薬がファイナル6で3連勝を飾り、3位以上を確定させ、ファイナル3またはファイナルへの出場が確定しました。



VOMには久光製薬スプリングスの今村優香選手が選出されました。



選手コメント
■久光製薬スプリングス
石井優希 選手
「しっかり3ポイントを取れたことは良かったです。今日は慣れていないポジションということもあって、なかなか自分から点を取りにいくことが出来ずに足を引っ張ってしまいました」

井上亜里沙 選手
「初めてこのユニフォームを着せてもらい、初めて試合に出させてもらい、貴重な体験をさせてもらいました。これまでチームは連勝していたので、自分が入って負けてしまってはいけないと思っていましたが、やるべきことをやることが出来ればこのチームは勝てるとも思っていました」

■NECレッドロケッツ
柳田光綺 選手
「久光製薬もバタバタしていたところがあり、4枚での攻撃など自分たちのやりたいバレーを出来ていた部分はありました。でも相手がこちらのプレーに対応してきたときに、こちらが対応しきれなかったと思います。また明日すぐに試合があるので、修正点は持ち帰り、切り替えて頑張ります」


<第2試合>  JTマーヴェラス 3(25-23・25-15・25-18)0 デンソーエアリービーズ

第1セット、JTはミハイロヴィッチ,ブランキツァを中心に得点を重ねると、デンソーは鍋谷友理枝や石田瑞穂らが丁寧に決めていきます。互いに取り合いながらも、サイドの金杉由香やミドルの奥村麻依も当たりが出て、JTが少しずつ先行します。デンソーも23-22と粘りますが、第1セットは25-23でJTが取りました。

第2セットはJTが一気に波に乗ります。ミハイロヴィッチや金杉、芥川愛加の速攻など次々と決めてデンソーに付け入る隙を与えず、25-15で連取して王手をかけました。第3セットもJTは勢いそのままにデンソーを攻め立て、15-10のJTリードで中盤に入ります。デンソーも16-14と追いすがりますが、JTはミドルから芥川や奥村、ウイングからミハイロヴィッチに金杉、目黒優佳らにトスを分散して突き放します。そのままJTが走って、25-18で第3セットを奪い、セットカウント3-0でJTが勝利を収めました。この試合は、ファイナル6を通じて初めてのストレート決着となりました。



VOMにはJTマーヴェラスの金杉由香選手が選出されました。



選手コメント
■JTマーヴェラス
吉原知子 監督
「3ポイントを取れたことが一番良かったと思っています。ファイナル6に入ってから、今日が一番しっくりきていた感じがしました」



■デンソーエアリービーズ
石田瑞穂 選手
「自分たちの持ち味のサーブが機能していなかったです。逆に、JTにサーブで押されてしまって、ゆるいボールを処理しきれなかったと感じています」

川北元 監督
「やりたいことを全てJTにやられてしまったという感じです。サーブで崩せなかったことが大きかったです。反省して、また明日頑張ります」

<第3試合>  トヨタ車体クインシーズ 1(25-23・19-25・23-25・16-25)3 東レアローズ

トヨタ車体はサイドに先週の途中出場で活躍を見せた村永奈央、セッターは比金桃子に代わって山上有紀を起用しました。第1セットは競り合って進みます。トヨタ車体は荒木絵里香、渡邉彩のミドル陣がブロード、サーブ、ブロックと躍動し、25-23でトヨタ車体が先取しました。

第2セットからはサーブが走った東レが徐々にリズムをつかみます。序盤に黒後愛のサーブで連続得点を奪うと、ケイディ リン,ロルフゼンや堀川真理のアタックで19-25で東レが取り返します。続く第3セットも田代佳奈美のサーブで東レが連続得点を挙げて、23-25でトヨタ車体を振り切って先に2セットを奪いました。第4セットも東レの勢いは衰えません。サーブで攻めてトヨタ車体のサーブレシーブを崩し、ブロックポイントも重ねます。アタックではケイディを中心に得点を重ね、16-25で東レがこのセットも奪いました。セットカウント1-3で東レが、ファイナル6の初勝利を飾りました。



VOMには東レアローズのケイディ リン,ロルフゼン選手が選出されました。



選手コメント
■東レアローズ
黒後愛 選手
「今日はチームみんなで守って、みんなで攻めるという形が出来ていました。今日のような形を来週も出来たらいいと思います」



■トヨタ車体クインシーズ
高橋沙織 選手
「記録につながらないような二段トスやブロックなどの細かいミスを修正して来週に臨みたいです」