バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

女子は久光製薬が2年ぶり6回目の優勝! 男子はパナソニックが4年ぶり5回目の王者に!

ニュース・トピックス

【レポート】2017/18V・プレミアリーグ女子 ファイナル6前日記者会見

2018/02/09

2018年2月9日、2017/18V・プレミアリーグ女子 V・ファイナルステージ ファイナル6の初戦となる京都大会を翌日に控え、会場の島津アリーナ京都(京都府立体育館)にてファイナル6進出6チームの監督、選手らが前日記者会見を行いました。
 


出席者のコメントは下記の通りです。

■Vリーグ機構 代表理事会長 嶋岡健治
「明日からいよいよファイナル6が始まります。ここにいるチームは厳しい戦いを勝ってここまで来ましたが、ここからが本当の勝負になります。非常に大事な試合だと、強い気持ちで臨んでくれていると思います。一試合一試合、選手一人ひとりの必死な姿を多くの方に伝えたいと思います」

<V・レギュラーラウンド1位> 久光製薬スプリングス
■酒井新悟 監督
「リーグ開幕直前までチーム作りがなかなかままならない中で始まったシーズンでしたが、各レグでチームの目標を明確にし、選手もそれを理解してくれて戦った結果が今だと思います。ファイナル6では、ある意味で成績はリスタートしますので、精度を高めて臨みたいです」

■石井優希 選手
「明日からは負けられない戦いになります。そこで勝つための練習ができたので、V・レギュラーラウンドでの積み重ねとチーム力で1試合1試合を戦うだけです。しっかり頑張ります!」

<V・レギュラーラウンド2位> JTマーヴェラス
■吉原知子 監督
「シーズンのスタート時は全員揃うのが遅れ、順調とは行かなかったですが、徐々に良くなってきました。ただ、波が激しく、3レグではメンタル面でも少し難しいところがあったと思います。1週間空いたことで、メンタル面含めて状態は良くなりました。全員で拾って全員で攻めて、良いバレーを見せたいです」

■奥村麻依 選手
「3レグでは思うように行かずに連敗してしまいましたが、明日の初戦では勝って良いスタートを切りたいです」

<V・レギュラーラウンド3位> トヨタ車体クインシーズ
■多治見麻子 監督
「V・レギュラーラウンドの最後はわずかな差で3位になることができましたが、ファイナル6はさらに1セット、1点の重みがあるので、チームの総合力で頑張りたいです。トヨタ車体は4位が最高成績なので、それ以上のものを達成したいです」

■比金桃子 選手
「ファイナル6では、一試合一試合がチームみんなの総力戦になります。目の前の相手に挑戦していきます」

<V・レギュラーラウンド4位> デンソーエアリービーズ
■川北元 監督
「今年V・プレミアリーグに参戦して、取り組み続けてきた結果でここまで来ました。ファイナル6での5試合の経験を次につなげられるように、改めて頑張りたいです」

■鍋谷友理枝 選手
「ここから高いレベルでの戦いが続きます。出来ることに集中し、全員バレーで戦い抜きたいです」

<V・レギュラーラウンド5位> NECレッドロケッツ
■山田晃豊 監督
「今シーズンは、限界に挑戦、新しい挑戦を掲げて、厳しい戦いを覚悟していました。実際に厳しい戦いになりました。メンバーを固めずにその時良い選手を起用するという形で5位まで辿り着きました。良いことも悪かったことも含めて苦労した分を、ここからの力に変えて、一戦必勝で頑張ります」

■柳田光綺 選手
「V・レギュラーラウンドではなかなか勝ち星が得られずに苦しい時期がありましたが、だからこそ築いたものがチームにはあります。苦しいなかでも応援してくれた人がいたので、その想いも力に変えて頑張ります」

<V・レギュラーラウンド6位> 東レアローズ
■菅野幸一郎 監督
「V・レギュラーラウンドでの開幕4連敗、3レグでも1勝6敗と、苦しい形でギリギリファイナル6へ進めました。決して良い状態とは思っていませんが、ファイナル3を目指すチャンスをいただきました。観てくれる方に楽しんでもらえるような、粘り強い戦いをしたいです」

■黒後愛 選手
「6位という結果には満足していませんが、まだファイナル6が残っているので、自分たちに出来ることはたくさんあると思います。試合を出来ることに感謝してがむしゃらに頑張ります」