バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

ニュース・トピックス

2017/18V・プレミアリーグ女子 開幕前日記者会見レポート

2017/10/20

2017/18シーズン開幕を明日に控えた10月20日(金)、ゼビオアリーナ仙台にてV・プレミアリーグ女子 全8チームの監督・キャプテンが集まり「前日記者会見」を行い、開幕に向けた抱負を語りました。

日本リーグ創設から50周年の記念イヤーとなった昨シーズンを経て、新たな一歩目となる2017/18V・プレミアリーグ女子大会。昨シーズンを終え、ベテランや主力選手が数多くコートを去り、今シーズンは新たなスターの誕生が待たれるシーズンとなります。

昨シーズンの優勝チームNECレッドロケッツが今シーズンも勢いそのままに連覇を果たすのか、それとも他チームが連覇を阻止するのか…今シーズンも見逃せない戦いが明日より開幕します。



【10月21日(土)出場チーム】
≪第1試合≫
(NECレッドロケッツ)
■山田晃豊 監督
「昨シーズンから戦力が入れ替わり、新しいメンバー構成での挑戦を今までやってきました。選手それぞれ個性や持ち味のある選手が集まっているので、選手それぞれの良さが最大限発揮できるような戦術を組み、チーム一丸・チーム力で日本一を目指して頑張りたいと思います」

■柳田光綺キャプテン
「昨シーズン優勝した経験と世界クラブでの経験を、日々課題をもって練習に取り組んで参りました。後から全日本の選手も合流し、まだまだ未熟ですが、リーグ戦を通して更に強くなって、NECらしい泥臭いバレーと今年のチームの強みであるオフェンスを活かして、明日からのリーグに挑みたいと思います。よろしくお願い致します」

(久光製薬スプリングス)
■酒井新悟 監督
「このオフシーズンは主力となる全日本組は国際大会での経験を積んでいい状態でチームに戻ってくれました。残っている選手たちはキャプテンの栄選手を中心にアジアクラブ選手権、サマーリーグ、国体等でしっかり戦い、強化ができたと思います。新外国人選手のアキンラデウォ選手が加わり、開幕に向けて時間があったかと言えばそうではありませんが、明日の一戦をしっかりと戦いたいと思います。そしてリーグ戦を通じてチームビルディングをし、頂点を目指したいと思います」

■栄絵里香 キャプテン
「チーム作りの時間が短く、まだまだ細かいところを修正しなくてはいけませんが、試合を通して成長していきながら、誰が出ても勝てるチームになっていけるように頑張っていきたいと思います。個人的には、スパイカーの力を最大限に引き出せるように頑張っていきたいと思います」

≪第2試合≫
(デンソーエアリービーズ)
■川北 元 監督
「我々はV・チャレンジリーグⅠから昇格して1年目ということで、毎日切磋琢磨して練習をしてきました。どの選手が出ても自分のパフォーマンスをしっかりと活かせるようにトレーニングを積んできたので、選手・スタッフ一丸となってこの長いシーズンを戦い抜きたいと思います。まだまだチームとしては伸びしろがあると思いますので、一戦一戦目の前の試合に集中して頑張っていきたいと思っています」

■石田瑞穂 キャプテン
「こんにちは。今シーズンは、誰が出ても勝てるチームという事を目標に夏場頑張ってきました。色んな事があると思いますが、一試合一試合全員で勝ち抜いて良い結果に繋がるように頑張っていきたいと思います」

(上尾メディックス)
■吉田敏明 監督
「チャレンジ精神あるのみだと思っております。「無畏激闘」(畏れ無く激しく闘う)という言葉を私が造語として作ったのですが、とにかく畏れることなくチャレンジャーらしく戦っていきたいと思っております。全ての面において、足りないところがあります。まさに戦いながら力をつけ、あくまでも優勝を目指したいと思っております」

■丸山裕子 キャプテン
「今シーズンは攻撃のスピードアップを中心に攻撃力を上げる練習をたくさんしてきました。攻撃力と元々の持ち味であるサーブとブロックを中心に今シーズン、全力で戦っていきたいと思います。今シーズンのスローガンである『United in Blue,Medics Blue 勝』全員で一丸となって、一点一点最後まで諦めずに一試合一試合取り組んでいきますので、応援よろしくお願い致します。個人的には、初めてのキャプテンですが迷わないプレーをせず、安定した力を出せるように頑張っていきます」

【10月22日(日)出場チーム】
≪第1試合≫
(日立リヴァーレ)
■甲斐祐之 監督
「1年かけて準備してきたことをしっかりコートの上で発揮できるように、そして選手をサポートしつつ一戦一戦全力を尽くして戦っていきたいと思います」

■佐藤美弥 キャプテン
「今シーズンは昨シーズンの主力選手が抜けた分、総力戦の戦いとなりますが、爆発力のある若い選手がたくさんいるので、ベテラン・中堅選手が軸となり、また、自分自身もセッターとして、みんなの力を引き出せるように精一杯頑張りたいと思います」

(JTマーヴェラス)
■吉原知子 監督
「昨年はV・プレミアリーグという場を初めて経験する選手も多かったですが、今年はその経験を活かして全員で日本一を獲りに行こうということを目標にして練習を積んできました。決して大きくないチームなので、スピードとパワーの部分ではかなりトレーニングを積んできました。チームはまだ出来上がってはいませんが、一戦一戦強くなっていけるよう、そして自分たちの目標を成し遂げられるよう、頑張っていきたいと思います」

■奥村麻依 キャプテン
「昨シーズンは4位という悔しい結果に終わってしまいましたので、今年は絶対に日本一になるという気持ちで練習に取り組んできました。コミュニケーション不足が課題でしたので、コミュニケーションをしっかりとっているので、今年のチームは良い仕上がりになっています。初戦から、課題やコミュニケーションの部分をしっかり試合で出せるようにして行きたいと思います」

≪第2試合≫
(トヨタ車体クインシーズ)
■多治見麻子 監督
「昨シーズンは、一年を通じてスタメンで試合に出る選手も多い中、いいことも悪いことも含めて今シーズンに繋がる試合ができたと思います。その経験が今年に活きると思っていますので、まだまだ私たちのチームは完成されていませんが、1試合1試合成長できるようにみんなで頑張っていきたいと思います」

■髙橋沙織 キャプテン
「こんにちは。全員攻撃に取り組んできましたので、リーグ戦で出していきたいと思います。個人的には、苦しい場面で決められるエースになれるように頑張ります。そして、全員で優勝目指して頑張ります」

(東レアローズ)
■菅野幸一郎 監督
「今シーズンのチームスローガンは『挑戦』ということで、見ている方々に楽しんでもらえるような積極的なバレーをしていきたいと思っています。まだまだ若い選手が多くて経験不足なところもありますが、しっかりリーグ戦を通して力を積み上げて最後には優勝したいと考えております」

■田代佳奈美 キャプテン
「こんにちは。昨シーズンの課題を踏まえて、今シーズン新しいことに挑戦してきました。リーグ戦を通して、準備してきたことが出せるように頑張りたいと思います。個人的には、セッターとしてキャプテンとして、チームをまとめ勝たせられるようにやっていきたいと思います」