バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

ニュース・トピックス

【レポート】豊田合成は地元ベトナムを下して準決勝進出! 2017アジアクラブ男子選手権大会6日目(7/4)

2017/07/05

ベトナムで開催中の「2017アジアクラブ男子選手権大会」(以下、男子アジアクラブ2017)は7月4日(火)、大会6日目が開催されました。

日本から出場している豊田合成トレフェルサは、準々決勝で地元のベトナムスポーツクラブと戦い、3ー0でストレート勝ちを収め、準決勝進出が決まりました。


<第5戦目>7月4日(火) 準々決勝
豊田合成トレフェルサ 3(25-19・25-20・25-21)0 ベトナムスポーツクラブ


2017アジアクラブ男子選手権はこの日から順位決定トーナメントが始まりました。準々決勝の相手は地元・ベトナム代表のベトナムスポーツクラブです。豊田合成トレフェルサは完全アウェイの中での戦いとなりました。

第1セット、豊田合成は近裕崇、イゴール,オムルチェンのサービスエースなどで、序盤から試合を優位に進めます。ホームのベトナムスポーツクラブもサーブで豊田合成の守備を乱し、ドゥ,グイエンバンやダック,ギアンバンの攻撃につなげ得点を重ねます。豊田合成は傳田亮太のサーブから高松卓矢、イゴールのスパイクに繋げ9-7と抜け出すと、内山正平のトスワークからイゴール、高松、山田脩造ら攻撃陣が着実に得点を重ねます。最後はイゴールのサービスエースが決まり、25-19で第1セットは豊田合成が先取します。

201707051227_4.jpg

第2セット、豊田合成はイゴールのスパイクと、傳田のブロック、スパイクで3-0とすると豊田合成リードの展開で試合が進みます。豊田合成はイゴール、高松のスパイクと近のブロックなどで中盤を制し、19-12と点差が広げます。しかし、この日の豊田合成はサーブレシーブに苦しみ、中盤で4連続失点するなどベトナムスポーツクラブの反撃にあい、終盤で21-19まで追い上げられます。この嫌な流れを断ち切ったのがイゴールでした。豊田合成はイゴールのスパイクとブロックでマッチポイントを迎えると最後は、ハック,レタンのサーブミスで25-20と第2セットも豊田合成が取ります。

201707051227_5.jpg

第3セット、後のないベトナムスポーツクラブはホームの大声援を背に、序盤からホン,ギュエンブのサービスエースや、ツォン,ギュエンホンがイゴールをブロックするなど、得点を重ね11-8と豊田合成をリードします。しかし、ここから、豊田合成は古賀幸一郎のスパイクレシーブからイゴールの得点に繋げ勢いに乗ると、近の速攻とイゴールの緩急をつけた攻撃で一気に逆転します。終盤は傳田のブロックとセンター攻撃、イゴールのスパイクなどで着実に得点を加え、25-21で第3セットも取り、ストレートで勝利を収めました。
豊田合成は準決勝に駒を進め、翌日はカザフスタン代表のアルタイVCと決勝進出をかけて戦います。

201707051227_6.jpg

コメント
トミー,ティリカイネン監督

「今日は我々にとっては完全アウェイの中だったので大変なゲームでした。今日は勝利することができましたが、明日はよりシャープな動きが求められますし簡単には決勝に行けないので、しっかり取り組んでいきたいと思っています。豊田合成の活躍をファンの皆さんが喜んでくださっていることは、私たちにとっても嬉しいことです、我々は日本の代表チームとしてこの大会に臨んでいるので、気を引き締めて明日も試合に臨みたいと思います」

傳田亮太 選手
「これまで順調に勝ち進んでいるので、いいプレーもあるし悪いプレーもありますが、悪い部分はしっかりと修正して、明日の試合に臨みたいと思います。(今日は完全アウェイの雰囲気の中での試合であったが)自分たちのプレーをするだけだと思っていたので、それほど意識することなく戦うことができました。明日も豊田合成らしいプレーができれば、結果は後からついてくるので全力で戦うだけだと思っています」



写真:AVC

2017アジアクラブ選手権 特設ページ
http://www.vleague.or.jp/2017_asia_club/