バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18Vリーグハイライト映像を公開中! 試合結果ページからご覧下さい!

ニュース・トピックス

Vリーグを世界のトップリーグへ 「Vリーグの未来構想」について

2016/09/20

平素はVリーグに対しましてご支援をいただき誠にありがとうございます。
Vリーグ機構は本日(9月20日)、9月16日の定時社員総会にて代表理事会長に選出された
嶋岡健治の「所信表明記者会見」を行いました。

201609201830_1.jpg
(左・嶋岡健治代表理事会長、右・佐藤直司理事・副会長)
 
その席上、嶋岡健治代表理事会長より、『国際競技力の低下』『歯止めのかからない競技人口の減少/大会運営関係者の世代交代の停滞』『体育館確保における競合激化と大会開催の困難化』『ホームゲームの少なさによる企業メリットの低下/自治体との一体感不足』『イベントとしてのマンネリ化/テレビ放映期間の限界化』と、現在の日本バレーボール界における課題が示されました。
その一つ一つを解消していくには、「Vリーグとしての決意が必要である」という結論に達し、Vリーグ再生をする意味から「スーパーリーグ(仮称)」を立ち上げ、2018/19シーズンから新たなリーグを歩みだす構想を披露しました。
 
その骨子は、
バレーボールの未来を切り開く魅力的なリーグ
日本を世界で一番バレーボールが愛されている国にする
バレーボールのビジネス化を追及するリーグにする
クラブで世界一を目指す
とし、
現状のV・プレミアリーグの上に「スーパーリーグ(仮称)」を作り、
独立した運営母体を形成したチームを集めてのリーグの再編成を目指します。
 
詳しい「未来構想案」については下記の資料(PDF)にてご確認下さい。
 
今後はVリーグ所属チームと協調しながら、新たなリーグの実現へ向け進んで参ります。
皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

Vリーグ機構未来構想案(PDF)

嶋岡代表理事会長コメント
「2020年を見据えた時、日本バレーボールリーグが設立100周年を迎える時、そのようなバレーボールの未来を考えた時に、今、踏み出さなければならないと考えたのが、『Vリーグ再生宣言』であり、そのコアとなるのが、『スーパーリーグ構想』です。
バレーボールの未来のために、関係各位のご理解を得ながら、進めてまいる所存です」