バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

V・プレミアリーグ ファイナル6開催中!

Vリーグについて

トップリーグヒストリー

第8回Vリーグ 【優勝】サントリーサンバーズ

2001年

4強チームが最終週まで一つも決定しない大混戦のレギュラーラウンド。3連覇を狙うサントリーは、前半戦を4勝5敗で負け越した。しかし、後半戦に入ると見違えるような強さを取り戻し、7連勝で滑り込みの4強入り。決勝ラウンドではジルソンが大車輪の活躍を見せ、3連覇を達成した。3年連続でMVPに選ばれたジルソンは、最多得点、ベスト6も4年連続で獲得。さらに2年ぶりにサーブ賞にも輝いた。
東レは新戦力のダシルバや全日本のエース加藤陽一の活躍などで準優勝。レギュラーラウンド2位のNECは4位、前年度に地域密着型クラブチームとして生まれ変わった堺ブレイザーズは3位に食い込んだ。
なお、この年を最後に、NTT西日本、日立国分に続いて、栄光の歴史を持ち日本バレーを支え続けてきた富士フイルムが廃部になった。