バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

V・プレミアリーグ ファイナル6開催中!

Vリーグについて

Vリーグに至るまでのエピソード

第6章 バルセロナ世代の活躍

(1)マスコットネーム

再びバレーボール熱が高まるのに合せて、日本リーグでも大きな改革が始まった。

まず、第24回大会(平成2年・1990年)から、優勝チーム、準優勝チームなどのチームと個人賞受賞者に対して、賞金が出されることとなった。(ちなみ に、優勝チーム1,000万円、準優勝チーム500万円、個人賞は、50万円~20万円などであった。)

オリンピック憲章から「アマチュア」の言葉が削除されて16年経ち、スポーツに商業主義の波が強く押し寄せてきていたが、全チームが企業チームから構成さ れ、社員選手であることが日本リーグの登録条件となっていた時代に、チーム賞だけでなく個人にも賞金が出るようになったことは、大きな変化であった。優勝 した新日鐵をはじめ、賞金を獲得した各チームは、どのような形で賞金を分配・使用するか、今後の前例ともなるだけに悩みながら慎重に決めたといわれてい る。

さらに、次の第25回大会(平成3年・1991年)を迎えるにあたり、チームにチーム愛称をつけることと、ロゴマークを決めることになった。

プロ野球や一部のスポーツ、例えばアメリカンフットボールなどでは、チーム愛称をつけることが、早くから行なわれていたが、バレーボールでは始めての事であり、各チームとも命名にいろいろと知恵を絞った。

下表は、第25回大会出場のチームの愛称の一覧である。

男子 女子
チーム名 チーム愛称 チーム名 チーム愛称
新日鐵 ブレイザーズ 日立 ベルフィーユ
サントリー サンバーズ イトーヨーカドー ウイングス
NEC ブルーロケッツ NEC レッドロケッツ
JT サンダーズ ユニチカ フェニックス
富士フイルム プラネッツ 小田急 ジュノー
象印 タフボーイズ ダイエー オレンジアタッカーズ
東レ九鱗会 アローズ 東芝 シーガルズ
日新製鋼 ドルフィンズ 久光製薬 スプリングス

バレーボールチームらしく、飛ぶ、打つ、跳ねるなどのイメージのものが多いが、会社や製品からイメージしたものなどもあって、苦心の跡が感じられる。

チーム愛称が決まったことによって、応援やチームグッズ、チームカラーなどに、チームの個性を出しやすくなっただけでなく、華やかさも加わっていった。