バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

V・プレミアリーグ ファイナル6開催中!

Vリーグについて

Vリーグに至るまでのエピソード

第5章 バレーボール人気、再び沸騰する

(1)ロスアンゼルスオリンピック

昭和59年(1984年)に、アメリカのロスアンゼルスで、第23回オリンピックが開かれた。日本チームは、前回のモスクワ大会をボイコットした関 係で、2大会ぶりの参加となった。バレーボール男子は、岩島章博、杉本公雄、蘇武幸志、御嶽和也、三橋栄三郎、山田修司(以上富士フイルム)、川合俊一 (当時は日体大の学生・翌60年に富士フイルムに入社)、岩田稔、田中幹保(以上新日鐵)、奥野浩昭(サントリー)、下村英士(JT)、古川靖志(日本鋼 管)が、中野尚弘監督の下に戦い、7位の成績に終わった。

第17回大会(昭和58年・1983年)から5連覇が始まっていた富士フイルムから6人(川合を入れると7人)が選ばれている。男子は、ミュンヘンオリン ピックの金メダル以降、徐々に成績は下降線をたどっており、残念ながらそれは今日まで続いている。第26回オリンピック(アトランタ)からは、オリンピッ ク出場さえ出来ず、連続3回予選敗退に終わっている。

女子は、石田京子、江上由美、小高笑子、利部陽子、杉山加代子、中田久美、三屋裕子、宮島恵子、森田貴美枝(以上日立)、廣紀江(当時は筑波大の学生、昭 和63年に日立入り)、大谷佐知子(カネボウ)、広瀬美代子(ユニチカ)が山田重雄監督のもとで戦い、銅メダルに輝いている。
日立単独チームに近い形であるが、日本リーグで88連勝中の真っ只中にあった事から考えると当然の選考の結果であった。
女子もメダル獲得はこの大会での銅メダルが最後で、以後4位(ソウル)、5位(バルセロナ)、予選リーグ敗退(アトランタ)と下降線をたどり、シドニーでは初めて出場権を逃がすという屈辱も味わった。

しかし、アテネでは、見事に予選を勝ち抜き、オリンピック出場の夢を果たし、上位入賞が期待されている。