バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

Vリーグについて

会長挨拶

 このたび、第12、13期の代表理事会長に選任いただき、大変光栄であり、また身の引き締まる思いでございます。特に、2016/17シーズンは、バレーボール国内リーグ発足50周年にあたる記念すべき重要な大会であり、Vリーグ、ひいては日本バレーボール界の更なる発展のため、次の時代に向けて新たなスタートを切りたいと思います。皆様におかれましては、ご支援、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 2016年夏にリオデジャネイロ・オリンピックが終了し、次の2020年東京オリンピックに向けてスポーツに対する関心もより高まり、Vリーグを更に充実させることが、観戦してくれるお客様だけでなく、プレーする選手も含めてすべての人々に感動を与えるリーグとなることを目指します。

 2016/17シーズンからは、新しい試みとして、V・プレミアリーグ全試合でカラーコートまたはタラフレックスコートを採用します。そして、V・プレミアリーグ全試合とV・チャレンジマッチ(V・プレミアリーグとV・チャレンジリーグⅠの入替戦)において、Vリーグで独自開発したビデオ判定システム(チャレンジシステム)を導入します。このシステムは、バレーボールの持つスピード感や競技の連続性を損なうことのないようにVリーグ独自で開発し、オリジナルルールを採用します。
 さらに、V・ファイナルステージ(ファイナル3、ファイナル)では、「ゴールデンセット」を導入します。「ゴールデンセット」とは、ファイナル3とファイナルを従来の1回戦方式ではなく2回戦方式とすることで、勝敗が五分(1勝1敗)となった場合に2試合目の終了後に改めて25点制の1セットマッチ(=ゴールデンセット)を行います。観客の皆さまには、さらにスリリングな試合を楽しんでもらえることと思います。
以上に挙げた3つの新たな試みで、Vリーグをより充実したものへとしていきます。
 
 また、2016/17シーズンより、スポーツのライブストリーミングサービスの「DAZN(ダ・ゾーン)」にて、V・プレミアリーグ全試合とV・チャレンジリーグの主要試合を配信いたします。スマートフォンだけでなくパソコンやスマートテレビなど様々なデバイスでVリーグの試合を好きな時に観戦できることとなり、更なる露出拡大を図ることでファンの拡大に努めていきます。
 
 さて、いよいよ10月22 日よりV・プレミアリーグ男子大会から2016/17シーズンがスタートいたします。今シーズンは、先にも挙げましたようにバレーボール国内リーグ発足50周年にあたる記念すべきシーズンであり、東京オリンピックへ向けた強化の場でもあり、その目的へ向かい関係者、ファン、チームが一体となり、素晴らしいシーズンにしたいと考えます。
 
 最後なりましたが、Vリーグを支えていただいております協賛各社の皆さま、試合開催にご尽力いただいております各都道府県バレーボール協会やチーム関係者の皆さまに御礼を申し上げるとともに、ファンの皆さまには是非とも会場へ足をお運びいただき、選手と一体となってVリーグを盛り上げていただきますよう、お願い申し上げます。
 
 
一般社団法人 日本バレーボールリーグ機構
代表理事会長 嶋岡 健治