V・チャレンジリーグ女子 2010/11 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
880
[開催日]
2010/12/25
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
850
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:12
[試合時間]
2:12
[主審]
高野 淳志
[副審]
五十里 勘司

柏エンゼルクロス

監督: 片田 瑞己
コーチ: 田部井 千夏
通算: 2勝5敗
2 15 第1セット
【22】
25 3
23 第2セット
【28】
25
25 第3セット
【29】
23
25 第4セット
【25】
23
10 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 浜田 勝彦
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目のスタートで相手の勢いに押されてしまった。2セット以降自分達の展開を作れたが、最後は自分達のミスが敗因となった。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。明日は今年最後のゲームになるので良い形でしめくくれるように頑張ります。

15 山城
()
佐藤(由)
(田中)
高崎
()
井西
(伊藤(智))
25
伊藤
()
仲本
()
田中
()
位田
()
丸山
(鈴木)
江森
()
色摩
()
村上
(吉川)
菅長 () リベロ 小島 ()
23 山城
()
佐藤(由)
(田中)
高崎
(松浦)
井西
()
25
伊藤
()
仲本
(石橋)
田中
(伊藤(睦))
位田
()
丸山
(鈴木)
江森
()
色摩
(伊藤(智))
村上
()
菅長 () リベロ 小島 ()
25 山城
()
佐藤(由)
()
高崎
()
井西
()
23
伊藤
(石橋)
仲本
()
田中
(伊藤(睦))
位田
()
丸山
()
江森
()
色摩
(伊藤(智))
村上
(松浦)
菅長 () リベロ 小島 ()
25 山城
()
佐藤(由)
()
高崎
(松浦)
井西
()
23
伊藤
(石橋)
仲本
()
田中
(色摩)
位田
()
丸山
(鈴木)
江森
()
伊藤(智)
()
村上
()
菅長 () リベロ 小島 ()
10 山城
()
佐藤(由)
(田中)
高崎
(松浦)
井西
()
15
伊藤
()
仲本
()
田中
(伊藤(睦))
位田
(吉川)
丸山
(鈴木)
江森
()
色摩
()
村上
()
菅長 () リベロ 小島 ()

監督コメント

 2セットとった後、攻撃が単調になり、ミスで相手に得点を与えてしまい、自分達が目指すバレーが出来ませんでした。
 選手が良く頑張り、5セット目は明日につながる様なバレーが少しはできたと思います。
 本日は、雪の中、多くの方に応援に来ていただき、選手も心強く戦えたと思います。
 明日も精一杯頑張りますのでご声援宜しくお願いいたします。

要約レポート

 地元での今シーズン最初のゲームを勝利で飾りたいKUROBEアクアフェアリーズと柏エンゼルクロスとの一戦は、第1セット、KUROBE田中のフェイントから7ポイント連取で始まった。その後も色摩のアタックや高崎のブロックなどで着実に加点し、KUROBEが危なげなく第1セットを先取した。
 第2セットはお互いに点を取り合う展開になるが、終盤、KUROBEが伊藤(睦)、伊藤(智)のアタックで得点を重ね、2セット連取。2セットを奪われ後がない柏は、第3セット、佐藤(由)や山城のアタックなどでリードを拡げる。KUROBEは井西や田中のアタックで反撃し、一時は7点差あったが、22対23まで追い上げたが及ばない。第3セットに続いて第4セットも柏リードで試合は進む。終盤追い上げるKUROBEを最後は柏が山城のアタックやブロックで突き放し、試合は第5セットへ。
 第5セットは井西のアタックでリードを拡げたKUROBEが、色摩や田中のアタックや高崎のブロックで着実に得点を重ねていく。最後は田中の好レシーブからつないだ井西のアタックが決まり、KUROBEが勝利を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 京角 輝彦