V・プレミアリーグ男子 2009/10 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
288
[開催日]
2010/02/28
[会場]
パナソニックアリーナ
[観客数]
2,400
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:16
[試合時間]
1:46
[主審]
グレッグ ルーオー
[副審]
冨田 博一

東レアローズ

監督: 秋山 央
コーチ: 掛川 厚志
通算: 14勝8敗
1 25 第1セット
【26】
21 3
23 第2セット
【28】
25
15 第3セット
【22】
25
18 第4セット
【21】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 古田 博幸
通算: 18勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 気持ちで相手チームに負けていた。
 東レらしさを出し切れなかったのが、悔しい。
 来週、浜松でのホームゲームでは今日の反省を活かし、激しいゲームをお見せしたい。

25 富松
(鈴木)
米山
()
福澤
()
大竹
(山本)
21
阿部
()
ボヨビッチ
()
枩田
(小西)
白澤
()
今田
()
篠田
()
清水
()
ジョンパウロ
()
田辺 () リベロ 永野 ()
23 富松
(鈴木)
米山
()
福澤
(谷村)
大竹
(山本)
25
阿部
()
ボヨビッチ
()
枩田
()
小西
(川村)
今田
(越谷)
篠田
()
清水
()
ジョンパウロ
()
田辺 () リベロ 永野 ()
15 富松
()
米山
()
枩田
()
福澤
()
25
阿部
()
ボヨビッチ
()
清水
()
大竹
(山本)
今田
()
篠田
()
ジョンパウロ
()
小西
(川村)
田辺 () リベロ 永野 ()
18 富松
()
米山
()
福澤
()
大竹
(山本)
25
阿部
()
ボヨビッチ
()
枩田
(川村)
小西
()
今田
()
篠田
()
清水
()
ジョンパウロ
()
田辺 () リベロ 永野 ()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
() リベロ ()

監督コメント

 1セット目から一進一退の攻防の中、なかなかチャンスを掴みとることが出来ず、相手にセットを奪われた。しかし、2セット目以降は、我々の良い部分を随所で出すことが出来た。
 また、ホームゲームということもあり、沢山のファンの声援が選手達の背中をあと押ししてくれた。
 残り6試合、しっかりと戦っていく。

要約レポート

 両チームにとって第4レグ初戦となるこの戦いは、上位同士の激しいぶつかり合いとなった。
 第1セット、東レアローズはボヨビッチが要所でスパイク、ブロックを決め、パナソニックパンサーズを突き放すと、セットを先取する。
 第2セットに入ると、東レは米山が縦横無尽にスパイクを決め、得点を重ねる。対するパナソニックは清水がスパイク、サーブにと活躍し、大接戦となる。最後は福澤が強烈なスパイクをコートに叩き込みセットを取り返す。
 接戦の第2セットを手にしたパナソニックは、その後も清水、福澤が大暴れし、勢いは止まらず、ホームの大歓声を前に嬉しい勝利を収めた。 パナソニックは、一番乗りの4強入りを地元で決めることができた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新道 哲郎