V・プレミアリーグ男子 2017/18 ファイナル3

試合会場レポート

[試合番号]
200
[開催日]
2018/03/03
[会場]
熊本県立総合体育館
[観客数]
3,027
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:23
[試合時間]
1:48
[主審]
山本 晋五
[副審]
田中 昭彦

豊田合成トレフェルサ

監督: トミー ティリカイネン
コーチ: 藤田 和広
通算: 0勝1敗
1 21 第1セット
【0:25】
25 3
25 第2セット
【0:25】
20
23 第3セット
【0:29】
25
23 第4セット
【0:20】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: サトレル ティネ
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も応援ありがとうございました。
相手のJTは勝利に値するチームでした。そのJTに「おめでとう」という言葉を送りたいです。今日の試合の前から日曜の試合が重要になることは分かっていたので、今から明日の試合に向けて切り替えていきたいです。
 明日も応援よろしくお願いします。

21 傳田
()
白岩
(岡本)
エドガー
()
小野寺
()
25
前田
()
イゴール
()
山本
()
武智
()
高松
(川口)

()
中島
()
深津
()
古賀(幸) リベロ 井上(航)
25 傳田
()
白岩
()
エドガー
(安井)
小野寺
()
20
前田
()
イゴール
()
山本
()
武智
()
高松
(川口)

()
中島
()
深津
()
古賀(幸) リベロ 井上(航)
23 前田
()
傳田
()
武智
()
深津
()
25
高松
(川口)
白岩
(岡本)
小野寺
()
中島
(金子)

()
イゴール
()
安井
(八子)
山本
()
古賀(幸) リベロ 井上(航)
23 イゴール
()

()
武智
()
深津
()
25
白岩
()
高松
(川口)
小野寺
(安井)
中島
(金子)
傳田
()
前田
(内山)
八子
()
山本
()
古賀(幸) リベロ 井上(航) (唐川)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 選手たちの事を誇りに思う。難しい状況におかれても選手たちは気持ちの面で相手を上回った事が勝因だ。
 ただ、まだ1勝したに過ぎない。
 ファイナル進出のために明日も勝利しなければならない。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 V・プレミアリーグ男子のファイナル3は,ファイナル6を2位通過した豊田合成トレフェルサと,1ポイント差で3位となったJTサンダーズとの試合は,第1セットから接戦となった。
 第1セットの豊田合成のセッター前田がイゴール,高松,白岩にボールを回し,JTはエドガーにトスを集中させる展開となったが,接戦でJTが第1セットを取った。
 第2セットは序盤にJTのエドガーが足を痛めて交代すると,豊田合成はイゴールや高松らのサイドからの攻撃でJTの堅い守りを崩しセットを取り返した。
 第3セット,JTが中島のブロックや安井のバックアタックでリードするが,豊田合成の傳田の速攻とブロックで逆転。しかし,途中出場の八子が連続してバックアタックを決めて,JTが再逆転でセットを取った。
 第4セット、リズムを取り戻したい豊田合成は,セッターを内山に代えて攻撃を組み立てるが,勢いに乗ったJTはサーブで攻め続け,八子のスパイク,深津と中島のブロックなどで勝負を決め、大事な初戦をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 坂本 紀一