V・プレミアリーグ男子 2017/18 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
196
[開催日]
2018/02/24
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
2,600
[開始時間]
13:15
[終了時間]
14:43
[試合時間]
1:28
[主審]
浅井 唯由
[副審]
山本 晋五

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 10
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
23 0

ポイント
0
26 第2セット
【0:28】
24
25 第3セット
【0:27】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: サトレル ティネ
通算ポイント: 10
通算: 3勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 絶対に敗けられない試合を強い気持ちと高い集中力で乗り切ってくれた。
 明日の試合もしっかりと勝ちぬいて、ファイナル3進出を決めたいと思う。
 本日も沢山の応援、ありがとうございました。

25
()
鈴木
(瀬戸口)
武智
(吉岡)
深津
()
23
藤井
()
ギャビン
()
小野寺
()
中島
(金子)
米山
(高橋)
伏見
()
エドガー
()
山本
()
渡辺 リベロ 井上(航)
26
()
鈴木
(瀬戸口)
深津
(八子)
中島
()
24
藤井
(高橋)
ギャビン
()
吉岡
(武智)
山本
()
米山
()
伏見
(富松)
小野寺
()
エドガー
()
渡辺 リベロ 井上(航) (唐川)
25
()
鈴木
(瀬戸口)
小野寺
(八子)
武智
(安井)
23
藤井
(伏見)
ギャビン
()
エドガー
()
深津
()
米山
()
富松
()
山本
(久原)
中島
()
渡辺 リベロ 井上(航) (唐川)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 試合の重要な場面でミスが出たり、決め切れることが出来ず、主導権を握る事が出来なかった。
 ファンのに皆様、ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6、現在3位のJTサンダーズと4位の東レアローズの一戦は、ファイナル3進出残り1枠をかけた試合にふさわしい、手に汗握る大熱戦となった。
 第1セット、一進一退の展開から、東レはギャビンのアタックで3連続得点と伏見のブロックでリードした。JTはエドガーにボールを集め22-22の同点としたが、最後は東レのギャビンが強打を決め、第1セットを東レが先取した。
 第2セットを取り返したいJTは、小野寺の速攻や山本の強打、吉岡のアタックで得点し波に乗るが、今日負けるとファイナル3進出を逃す東レは、富松を投入し、李の速攻や米山、鈴木の強打で得点を重ね、第2セットも連取した。
 後がなくなったJTは、第3セット深津の巧みなトス回しでリードするが、東レの藤井も気持ちを前に出した強気のトスワークで応戦した。東レはこの試合で大活躍のギャビンが最後に強烈なスパイクを決め勝利し、ファイナル3進出に向けて望みをつないだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 市川 智子