V・プレミアリーグ女子 2017/18 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
396
[開催日]
2018/02/24
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
3,100
[開始時間]
13:05
[終了時間]
14:35
[試合時間]
1:30
[主審]
西中野 健
[副審]
北村 友香

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 7
通算: 2勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
21 0

ポイント
0
29 第2セット
【0:34】
27
25 第3セット
【0:25】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 3
通算: 1勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 今日の試合は、練習でやってきた事を全員で成し遂げる事が出来た。東レはサーブの良いチームなので、崩されても我慢して戦う事、終盤でしっかり得点できた事は良かった。
 明日が、ファイナル3を決める試合となる。気持ちは十分入ると思うが、チームの良さが出るよう戦っていきたい。
 本日はたくさんの声援ありがとうございました。

25 坂本
(山田)
石田
()
井上
()
黒後
(中川)
21
クリスティアネ
(兵頭)
石井
()
堀川
()
田代
()
田原
()
鍋谷
()
ケイディ
(野村)
小川
(中田)
小口 (中川) リベロ 木村 (中島)
29 クリスティアネ
(兵頭)
坂本
(山田)
井上
()
黒後
(中川)
27
田原
()
石田
()
堀川
()
田代
(白井)
鍋谷
()
石井
()
ケイディ
()
小川
(中田)
小口 (中川) リベロ 木村 (中島)
25 クリスティアネ
(兵頭)
坂本
()
井上
(中田)
黒後
(中川)
19
田原
()
石田
()
堀川
()
田代
()
鍋谷
(朝日)
石井
()
ケイディ
(野村)
小川
()
小口 (中川) リベロ 木村 (中島)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 今日の試合は自分たちの強みであるサーブでゲーム開始から崩しゲームの主導権を握ったが、徐々に相手の速い展開からのフェイントや、ハーフアタックを決められ、焦りからミスが出てセットを落としてしまった。また、相手のディフェンスが良く、ラリー中も含め決めきることができなかった。
 ファイナル6残り1試合、全力でいきますので、応援よろしくお願いします。

要約レポート

 
 ファイナル3進出へは勝利が絶対条件となるデンソーエアリービーズと東レアローズの対戦。
 第1セット開始直後、東レは黒後のサーブからの連続得点で一時大量リードを奪う。セット中盤にも黒後の2本のサービスエースから1歩抜け出すも、デンソーは中川・小口、両リベロの粘り強いレシーブから鍋谷・坂本ににボールを集め、徐々に点差をつめて行き、第1セットを先取。
 続く第2セットはお互いに拾いあい一進一退の展開のまま終盤をむかえる。先に東レがセットポイントを握るも、デンソーはデュースで追いつき、逆にセットポイントを握り、最後はクリスティアネが押し込んで第2セットも連取する。
 第3セット、あとがない東レはケイディー・堀川・黒後がスパイク・ブロックに奮闘するも、デンソーは中盤に石井のブロックから抜け出すと石田のスパイク、鍋谷のサービスエースを含めた連続得点で粘る東レを退け、明日のトヨタ車体クインシーズとの直接対決にファイナル3進出への望みを繋げた。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 新田 浩幸