V・プレミアリーグ女子 2017/18 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
394
[開催日]
2018/02/18
[会場]
津市産業スポーツセンター(サオリーナ)
[観客数]
2,400
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:29
[試合時間]
1:54
[主審]
明井 寿枝
[副審]
小野 将人

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 15
通算: 4勝0敗
3

ポイント
3
23 第1セット
【0:23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
22
26 第3セット
【0:28】
24
25 第4セット
【0:27】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 2
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 粘り強いディフェンスのNECに対し、こちらもリベロ小幡を中心に、決して拾い負けせず、応戦できたように思う。
 また、個人個人がそれぞれの役割に徹し、献身的なプレーを心がけ、ハードワークできたことが、最大の勝因だと言える。
 ファイナル6も残すところあと一戦となった。準備を怠らず、次のステージに弾みをつけられるようにしたい。
 本日も寒い中、たくさんのご声援ありがとうございました。

23 芥川
(小川)
ミハイロヴィッチ
()
古賀
()
山口
()
25
目黒
()
田中(美)
()
大野
(荒谷)
島村
()
金杉
(井上)
奥村
(橘井)
山内
()
柳田
()
小幡 リベロ 岩崎
25 芥川
()
ミハイロヴィッチ
()
古賀
()
山口
()
22
目黒
(井上)
田中(美)
()
大野
(家高)
島村
()
金杉
(田中(瑞))
奥村
()
山内
()
柳田
()
小幡 リベロ 岩崎
26 芥川
()
ミハイロヴィッチ
()
大野
()
古賀
()
24
目黒
()
田中(美)
()
山内
()
山口
()
田中(瑞)
(井上)
奥村
(橘井)
柳田
(廣瀬)
島村
()
小幡 リベロ 岩崎
25 芥川
(橘井)
ミハイロヴィッチ
()
大野
()
古賀
()
17
目黒
()
田中(美)
()
山内
(塚田)
山口
(廣瀬)
田中(瑞)
(井上)
奥村
()
柳田
(小島)
島村
()
小幡 リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 この2日間の試合は、自分たちの良い部分と悪い部分が出た試合だった。1試合通して自分たちの高いパフォーマンスを出し続けることが重要だと実感した。チームはよくなってはいるものの、結果がついてこないのは悔しいが、前を向いてしっかり戦っていきたいと思う。2日間たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット序盤、NECレッドロケッツは山口と山内のサービスエースでリードして中盤を迎えたが、JTマーヴェラスも目黒と奥村のサービスエースで追いつく。終盤、NECは柳田のフェイントと山内のサービスエースで2点差をつけ、そのままNECがセットを先取する。
 第2セット序盤、JTが5点をリードするが、アタックミスでNECが追いつく展開となる。その後一進一退となるが、終盤にJTはミハイロヴィッチにボールを集め、このセットをJTが奪い返す。
 第3セット、JTの攻撃を拾ったNECがリードするが、JTはミハイロヴィッチと田中(瑞)のサーブで崩し、追いつく展開となった。その後、JTはミハイロヴィッチの思い切りの良いスパイクが決まり、点差を広げる。NECも粘りを見せ、島村の移動攻撃などで追いつき、デュースとなるものの、最後はミハイロヴィッチの前に落とすサーブが決まり、JTがセットを連取する。
 第4セット、NECのサーブレシーブが乱れ、JTがリードする。その後も、JTはミハイロヴィッチと奥村がスパイクを決め、このセットもJTが取り、セットカウント3-1で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 辻井 康博