皇后杯全日本選手権大会 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
952
[開催日]
2017/12/23
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
1,850
[開始時間]
19:25
[終了時間]
20:45
[試合時間]
1:20
[主審]
髙橋 宏明
[副審]
北村 友香

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:26】
25
17 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は相手の粘りのあるディフェンスに対し、こちらのオフェンスが苦しくなるゲーム展開になってしまった。ラリー中の攻撃で相手にブロックポイントを与えてしまった。また、アタックを打てば失点になってしまったことが相手を楽にさせてしまいました。
 本日は沢山の応援ありがとうございました。

21 ケイディ
(野村)
杉原
()
クリスティアネ
()
朝日
()
25
井上
(田代)
大野
()
田原
()
石田
()
白井
()
黒後
(木村)
鍋谷
()
石井
(兵頭)
中川 リベロ 小口 (中川)
21 ケイディ
()
杉原
(石川)
朝日
()
石田
()
25
井上
()
大野
()
クリスティアネ
()
石井
(兵頭)
白井
(田代)
黒後
(野村)
田原
()
鍋谷
(工藤)
中川 リベロ 小口 (中川)
17 黒後
()
白井
()
石井
()
鍋谷
()
25
大野
()
井上
(中田)
石田
()
田原
()
杉原
()
ケイディ
()
朝日
()
クリスティアネ
()
中川 リベロ 小口 (中川)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は出だしからサーブで攻められ苦しい展開となったが、良い場面でブロックとレシーブが機能し勢いづく事ができた。先週から積み重ねてきた事がチーム力になってきている。まだまだ連続失点する場面もあり、一つずつ修正し、明日に備えたいと思う。ここまで来たらチームの良さである助け合いと勢いで勝利を目指す。
 本日は遅くまで沢山の声援ありがとうございました。

要約レポート

 昨年の決勝戦チームを破り準決勝に臨む、東レアローズとデンソーエアリービーズの対戦。
 第1セット、東レは黒後のサービスエースを含むサーブで4連続得点をあげてリードする。デンソーも石田のサーブ、クリスティアネのブロックで追いかけ、中盤に鍋谷のサーブから石井のブロック、朝日のアタックで逆転する。その後点差を詰められた場面で入った兵頭がサービスエースを決めて、セットを先取する。
 第2セット、デンソーは中川・小口の両リベロの好レシーブからの攻撃と、鍋谷・朝日・クリスティアネを中心にチームでこのセット11点とブロックを量産する。このままデンソーが大差でセットを取るかと思われたが、東レは大野がサーブで崩し、代わって入った野村を中心にレシーブをあげて、ケイディがアタックを決め1点差まで詰め寄る。デンソーは嫌な流れを石井がブロックで断ち、セットを連取する。
 第3セット、後がなくなった東レは杉原・黒後を中心に得点をあげてリードする。デンソーは朝日、クリスティアネがサーブで崩し、攻撃につなげ逆転する。勢いに乗ったデンソーは鍋谷、石田もサービスエースを決め、ストレートで快勝し決勝進出を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江