V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
658
[開催日]
2018/02/24
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
2,050
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:13
[試合時間]
1:13
[主審]
渡邉 一史
[副審]
波塚 彰優

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 竹中 雅詞
通算ポイント: 30
通算: 11勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
20
25 第3セット
【0:23】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 金子 健一郎
コーチ: 甲斐 啓祐
通算ポイント: 16
通算: 5勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 沢山の応援の中、選手がすばらしいプレーをして勝つことが出来て良かったです。1人1人が役割を果たし、プレーをしてくれた結果だと思います。
 明日は、最終戦となりますので、チーム一丸となってしっかりと戦いたいと思います。
 沢山の応援本当にありがとうございました。

25 平谷
()
ジョンソン
(丸山)
松尾
()
佐藤(仁)
(吉田)
17
倉見
(太田)
大盛
(吉川)
佐藤(優)
()
新井
()

()
和才
()
梅木
()
権藤
(田戸)
馬場 リベロ 大橋
25 平谷
(太田)
ジョンソン
()
竹内
()
佐藤(仁)
()
20
倉見
(吉川)
大盛
()
佐藤(優)
()
新井
()

()
和才
()
浅野(美)
()
権藤
(吉田)
馬場 (白崎) リベロ 大橋
25 平谷
()
ジョンソン
(レラ)
竹内
()
佐藤(仁)
(田戸)
20
倉見
(雪丸)
大盛
()
佐藤(優)
()
新井
(権藤)

(丸山)
和才
(舛田)
浅野(美)
()
吉田
()
馬場 (白崎) リベロ 大橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット目、出足で先行を許しましたが、以降は持ち味を生かしたバレーが出来たと思います。相手の高さへの対応に苦労しましたが、守備からミスを誘うまで粘れる様になったのは大きな収穫です。
 チームとしては、本日が最終戦となります。シーズンを通じて、多くの方にご声援を頂き、誠にありがとうございました。来シーズンも宜しくお願い致します。

要約レポート

 今シーズンの最終節。地元で勝利を収めたい3位KUROBEアクアフェアリーズと、来シーズンに向けて順位を上げたい5位トヨタ自動車ヴァルキューレの一戦。
 第1セット、序盤からお互いに好レシーブで長いラリーが続き接戦を演じる。中盤、KUROBEが大盛と平谷の連続ブロックポイントで流れを掴み、多彩な攻撃で徐々に点差を広げ、先取する。
 第2セットは序盤から、トヨタ自動車は佐藤(優)、KUROBEはジョンソンの両エースがバックアタックを織り交ぜた攻撃で接戦となる。13-13の同点から、KUROBEがジョンソンの効果的なサーブで連続得点し流れを掴み、徐々にリードを広げ、最後は倉見のブロックポイントで連取する。
 第3セット、後がなくなったトヨタ自動車が浅野のブロックポイントで先取し、佐藤(優)の攻撃でリードするが、KUROBEがブロックでリズムを作り、つないだボールを多彩な攻撃で逆転し、徐々にリードを広げる。トヨタ自動車は粘り強くレシーブでつないだボールを権藤や佐藤(優)の攻撃で点差を詰めるが、最後はスパイクが決まらず、KUROBEが地元の大声援の中、伸び伸びとしたプレーでストレート勝ちした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 沖田 直久