V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
655
[開催日]
2018/02/17
[会場]
山陽ふれあい公園総合体育館
[観客数]
1,400
[開始時間]
15:50
[終了時間]
17:36
[試合時間]
1:46
[主審]
木内 誠二
[副審]
織本 昌朗

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 41
通算: 14勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
15 1

ポイント
0
20 第2セット
【0:27】
25
25 第3セット
【0:24】
14
25 第4セット
【0:22】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 竹中 雅詞
通算ポイント: 27
通算: 10勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 いい流れでセットを取った後、あるいは連続得点の後、どうしてもテンションに乱れが生じ、チームの歩調がチグハグになった。その時、起用された選手達もやや物足りなかった。
 明日は全員で今季最後のホームゲームらしく、観客の皆様に満足して頂ける様に戦っていきたい。
 本日は大変風の強い中にもかかわらず、会場を埋め尽くす大声援をありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

25 佐々木
()
渡邊
(小野寺)
和才
()

()
15
大楠
()
川島
(西村)
大盛
()
雪丸
()
宮下
(堀ノ内)
金田
()
ジョンソン
(丸山)
平谷
(太田)
森田 リベロ 馬場 (白崎)
20 川島
()
佐々木
()
大盛
(吉川)
和才
()
25
宮下
(吉岡)
渡邊
(小野寺)
丸山
(平谷)

()
金田
()
大楠
()
ジョンソン
()
雪丸
()
森田 リベロ 馬場 (白崎)
25 金田
()
渡邊
(小野寺)
大盛
()
和才
()
14
大楠
(長瀬)
川島
(西村)
丸山
(レラ)

(舛田)
宮下
(高野)
佐々木
()
ジョンソン
()
雪丸
()
森田 リベロ 馬場
25 大楠
(長瀬)
金田
(吉岡)
大盛
(吉川)
和才
()
18
宮下
()
渡邊
()
丸山
(平谷)

()
佐々木
(西村)
川島
(高野)
ジョンソン
()
雪丸
()
森田 (丸山(亜)) リベロ 馬場

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1、第3セットの入り方が悪く、相手のペースで試合をしてしまいました。
 もう少し全員がしっかりと準備をしなければならないと思いました。
 来週はホームゲームとなりますので、良い準備をしてしっかりとした試合をしたいと思います。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 勝って首位争いに踏みとどまりたい岡山シーガルズと3位のKUROBEアクアフェアリーズの一戦。
 第1セット、岡山は効果的なフェイント攻撃で、KUROBEを翻弄し、一方的な展開でセットを先取する。
 第2セット、KUROBEはジョンソンが要所で強烈なスパイクを決め、リズムをつかみ、セットを奪い返す。
 第3セット、岡山は宮下の多彩なトスワークにより、中盤以降徐々に点差を広げ、渡邊の効果的なサービスエースもあり、セットを奪った。
 お互い一歩も譲らない攻防から始まった第4セット、岡山は佐々木のサーブによって一気に流れを引き寄せる。中盤以降も多彩な攻撃で相手を翻弄した岡山が勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 永間 康平