V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
651
[開催日]
2018/02/11
[会場]
東美濃ふれあいセンター
[観客数]
1,075
[開始時間]
14:30
[終了時間]
16:33
[試合時間]
2:03
[主審]
内藤 聡美
[副審]
糟谷 武彦

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 皆川 佳介
通算ポイント: 16
通算: 5勝10敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:22】
17 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:22】
19
22 第3セット
【0:28】
25
22 第4セット
【0:26】
25
15 第5セット
【0:13】
10

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 原 秀治
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 6
通算: 2勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日も沢山の応援ありがとうございました。
今日は選手全員のお陰で勝つことが出来ました。選手全員にありがとうと伝えたいと思います。
 ホームで2連勝出来たこと嬉しく思います。残り試合も少なくなりましたが、全員で頑張りたいと思います。沢山の応援ありがとうございました。

25 吉井
()
中村
(本間)
中田
(吉本)
長谷川
()
17
田代
()
佐々木
()
磯部
(正田)
北川
()
佐野
(山本)
宮井
()
吉里
()
山内
()
樋口 リベロ 藤田
25 吉井
(佐々原)
中村
()
吉本
(中田)
長谷川
(佐藤)
19
田代
(井上)
佐々木
()
磯部
(正田)
北川
()
佐野
()
宮井
()
吉里
(馬渡)
山内
()
樋口 リベロ 藤田
22 吉井
()
中村
(本間)
中田
()
馬渡
()
25
田代
()
佐々木
()
正田
()
北川
()
佐野
(山本)
宮井
(岡部)
吉里
()
山内
()
樋口 リベロ 藤田
22 吉井
()
中村
()
中田
()
馬渡
()
25
田代
()
佐々木
()
正田
()
北川
()
佐野
()
宮井
()
吉里
(吉本)
山内
()
樋口 リベロ 藤田
15 吉井
()
中村
(本間)
中田
()
馬渡
()
10
田代
()
佐々木
()
正田
()
北川
()
佐野
(山本)
宮井
()
吉里
()
山内
()
樋口 リベロ 藤田

監督コメント

 自チームのミス(サーブミス)が多くリズムに乗り切れなかった。
 勝負所での決定力不足、残り試合も全員で戦っていくしかないと思います。
 今日も沢山のご声援ありがとうございました。

要約レポート

 3レグも後半戦に入り、ポイント争いで熾烈を極める混戦から抜け出したいJAぎふリオレーナと、何としても勝利を収め、残り試合につなげていきたい大野石油広島オイラーズとの一戦。
 第1セット序盤は互いに点を取り合う展開の中、JAぎふは宮井、吉井のアタックでじわじわと得点を奪っていく。対する大野石油は北川、吉里のアタックで必死に食いさがるが、中盤以降、JAぎふは佐野の効果的なサーブ、リベロ樋口の攻守もあり先取した。
 第2セットの主導権を握ったのはJAぎふ。持ち味の堅い守りからの攻撃で得点を重ねる。大野石油はメンバーチェンジで流れを引き寄せようとするも、JAぎふが井上、中村のアタック、最後は佐々木のサービスエースでセットを連取した。
 第3セット一進一退の攻防の中、20点以降で抜け出したのは大野石油。北川の移動攻撃、中田の軟打を織り交ぜた攻撃でセットを取り返した。
 第4セットは前のセットの勢いそのままに大野石油が先手を取る。山内、中田の強気の攻めはJAぎふの吉井、宮井の攻撃を退け、大野石油が連取した。
 最終セット、観客席からの大声援を力に変えたJAぎふは吉井のアタックで得点を重ね、粘る大野石油と渡り合う。最後は山本が決めて、JAぎふが熱戦を制した。勝利を収めたJAぎふは、ホームゲームで連勝を飾り、レギュラーラウンド残り3戦に弾みをつけた。 この試合、両チーム共にワンプレーに気迫がみなぎり、次週のゲームが更に楽しみとなる一戦であった。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 加知 昌彦