V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
647
[開催日]
2018/02/10
[会場]
東美濃ふれあいセンター
[観客数]
800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:09
[試合時間]
1:09
[主審]
内藤 聡美
[副審]
新海 正和

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 竹中 雅詞
通算ポイント: 24
通算: 9勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
16 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
14
25 第3セット
【0:20】
12
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 原 秀治
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 5
通算: 2勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は丸山キャプテンを中心にしっかりと自分たちのバレーをやりきるという気持ちが出ていた試合だったと思います。残り試合も少なくなってきましたので、一戦一戦選手が良いパフォーマンスを出せる様に準備していきたいと思います。
 富山から沢山の応援に来ていただきましてありがとうございました。

25 平谷
()
ジョンソン
(レラ)
中田
()
長谷川
()
16
倉見
(吉川)
大盛
()
正田
(吉本)
北川
()

(丸山)
和才
()
吉里
()
山内
()
馬場 リベロ 藤田
25 平谷
(舛田)
ジョンソン
(丸山)
中田
()
長谷川
()
14
倉見
()
大盛
(雪丸)
西田
()
北川
()

()
和才
()
吉里
(佐藤)
山内
()
馬場 (白崎) リベロ 藤田
25 雪丸
()
平谷
(太田)
中田
()
長谷川
(佐藤)
12

(吉川)
丸山
(レラ)
西田
()
北川
()
和才
()
倉見
()
吉里
(馬渡)
吉本
()
馬場 (白崎) リベロ 藤田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サーブレシーブが崩され、オイラーズの攻撃が展開できなかった。終盤の集中力、勝ちたいという気持ちが相手より足りなかったと思う。
 沢山の応援を頂きありがとうございました。明日も頑張ります。

要約レポート

 現在3位のKUROBEアクアフェアリーズは、上位2チームに食らいついておきたい。一方、7位の大野石油広島オイラーズは、連敗脱出をはかりたいところ。共にポイントを重ねたいチーム同士の、白熱した一戦となった。
 第1セット、KUROBEは平谷やジョンソン、大盛のアタックが効果的に決まり、得点を重ねていった。大野石油も中盤にねばりを見せたが、終盤KUROBE吉川のサーブを起点に、和才のレフトからのアタックが連続で決まり、このセットを制した。
 第2セット、序盤は点を取り合ったが、ジョンソンのサーブから流れをつくり、KUROBEが、8連続得点で一気にリードを奪った。大野石油も、吉里や中田の攻撃で得点を重ねたが、追いつくことはできず。KUROBEが2セット目も奪った。
 第3セット、勢いがついたKUROBEの和才、丸山、雪丸の多彩な攻撃と、倉見のブロックが決まり、大野石油を引き離し、ストレートでKUROBEが勝利した。
 選手たちの気迫あるプレーに温かい拍手が送られた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 広瀬 学