V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
642
[開催日]
2018/02/03
[会場]
唐津市文化体育館
[観客数]
556
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:54
[試合時間]
1:54
[主審]
林 淳一
[副審]
米倉 維恩

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 34
通算: 11勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【】
22 1

ポイント
0
31 第2セット
【】
33
25 第3セット
【】
21
25 第4セット
【】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 竹中 雅詞
通算ポイント: 21
通算: 8勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は、終始自分達のペースでプレー出来ず非常に厳しい展開で、負けてもおかしくなかったが、選手の頑張りで勝ち点3を勝ち取ることが出来たのは大きかった。
 今日の反省点を明日の試合に活かせるように、良い準備をして臨みたい。
 本日も沢山の方に応援して頂き、ありがとうございました。

25 ドリス
(有田)
江畑
()
和才
()

()
22

()
宇田
()
大盛
()
倉見
(吉川)
狩野
(吉安)
清水
(堀口)
ジョンソン
(丸山)
平谷
()
リベロ 馬場
31
()
ドリス
()
和才
()

()
33
狩野
(吉安)
江畑
(堀口)
大盛
()
倉見
(太田)
清水
()
宇田
(津賀)
ジョンソン
(丸山)
平谷
()
リベロ 馬場
25 ドリス
(有田)
江畑
()
和才
()

()
21

()
宇田
()
大盛
()
倉見
(雪丸)
狩野
(吉安)
清水
()
ジョンソン
()
平谷
(舛田)
リベロ 馬場
25 ドリス
()
江畑
()
和才
()

()
23

()
宇田
()
大盛
(舛田)
倉見
(雪丸)
狩野
()
清水
(有田)
ジョンソン
(丸山)
平谷
()
リベロ 馬場

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 2セット目競り合って取れたことは良かったが、まだゲーム運びが相手の方が1枚上手だった。少しずつチームとしては良くなってきているので、来週からしっかりと一戦一戦勝ちにこだわって戦っていきたいと思います。
 沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在2位のPFUブルーキャッツと3位のKUROBEアクアフェアリーズの対戦。
 第1セット、PFUは、江畑のコースを狙ったスパイクなどで得点を重ねる。一方、KUROBEはジョンソンのスパイクなどで応戦。中盤以降、PFUは、セッター正の多彩なトスから厚みのある攻撃を展開し、徐々にKUROBEを引き離す。終盤、KUROBEも意地を見せるも、PFUが先取。
 第2セット、KUROBEはジョンソンの活躍などでリードを広げる。中盤、PFUはセンターのドリスや清水にトスを集め応戦し、白熱した展開へ。最後はデュースの末、KUROBEが勝利。
 第3セット、PFUは江畑のパワフルな攻撃などでリズムを掴む。終盤KUROBEもジョンソンの攻撃などで追い上げをみせるも、PFUが勝利。
 第4セット、PFUは序盤ドリスや狩野の効果的なブロックで流れを掴む。中盤も粘るKUROBEを振り切り、PFUが勝利を収め連勝を10に伸ばした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中村 友彦