V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
631
[開催日]
2018/01/13
[会場]
ジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館)
[観客数]
1,200
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:03
[試合時間]
2:03
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
北島 一道

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ: 和多 桃子
通算ポイント: 11
通算: 3勝7敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:23】
22 3

ポイント
2
19 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:30】
27
25 第4セット
【0:20】
10
12 第5セット
【0:16】
15

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 原 秀治
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 5
通算: 2勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日はたくさんの応援ありがとうございました。
 悔しい結果となりましたが、相手チームの粘りや気持ちに圧倒され、立て直すことが出来ませんでした。
 明日の試合に向けて挑戦したいと思います。

25 船津
()
山形
()
中田
()
長谷川
()
22
岩永
(酢田)
今門
()
磯部
()
北川
()
川口
()
斉藤
()
吉里
()
山内
()
佐藤 リベロ 藤田
19 船津
()
山形
()
中田
()
馬渡
()
25
岩永
(酢田)
今門
(中村)
磯部
()
北川
()
川口
()
斉藤
()
吉里
()
山内
(吉本)
佐藤 リベロ 藤田
25 船津
()
川口
()
中田
()
馬渡
()
27
岩永
()
斉藤
(中村)
磯部
()
北川
()
山形
()
酢田
()
吉里
(山内)
吉本
()
佐藤 リベロ 藤田
25 船津
()
山形
()
中田
(正田)
馬渡
(長谷川)
10
岩永
()
今門
()
磯部
(谷岡)
北川
()
川口
()
斉藤
()
吉里
(佐藤)
吉本
()
佐藤 リベロ 藤田
12 船津
()
山形
()
中田
()
馬渡
()
15
岩永
()
今門
()
磯部
()
北川
()
川口
()
斉藤
()
吉里
()
吉本
()
佐藤 リベロ 藤田

監督コメント

 12月から試合の間隔が空き、ゲーム感覚がつかめず、チグハグなプレーがあった。
 セットを重ねるごとにプレーが安定してきたと思います。
 Vチャレンジリーグ開幕後、課題としてきたサーブレシーブ、レシーブが少し改善出来たと思います。
 チームにとっては貴重な2勝目。これで勢いをつけていきたいと思います。
 ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 下位からの脱出を目指す大野石油広島オイラーズと上位進出にかけるフォレストリーヴズ熊本の一戦。
 第1セットは、熊本・斉藤の活躍により、熊本がこのセットを奪取。
 第2セットは、大野石油・吉里の活躍により、大野石油がセットを取り返す。
 第3セットは、前半は一進一退の攻防を見せたが、終盤長いラリーを大野石油・吉本のアタックで24-22とリード。ここから熊本が粘りを見せ、逆に25-24でマッチポイントを握った。しかし大野石油中田の連続ポイントで逆転し、大野石油がこのセットをものにした。
 第4セットは、中盤、熊本の岩永と斉藤のサーブがさえ、熊本がこのセットを取り返した。
 第5セット、両チームとも好プレーの連続でアリーナを沸かせたが、大野石油の吉里のアタックで得点を重ね、大野石油が制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 生本 季太郎