V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
626
[開催日]
2017/12/09
[会場]
猫田記念体育館
[観客数]
650
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:13
[試合時間]
1:13
[主審]
木内 誠二
[副審]
谷川 哲也

大野石油広島オイラーズ

監督: 原 秀治
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 3
通算: 1勝5敗
0

ポイント
0
18 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:24】
25
15 第3セット
【0:20】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 19
通算: 6勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今リーグ初めてホームゲーム、たくさんの方にご声援いただきありがとうございました。
 ゲームは全員で戦いましたが、ストレートで負けてしまいました。しかし、明日につながる戦いを展開できたと思います。
 明日も全員バレーで頑張ります。ご声援、よろしくお願いいたします。

18 吉本
(山内)
吉里
(馬渡)
清水
(宇田)
秋山
(新井)
25
北川
()
磯部
()
江畑
(津賀)

()
長谷川
(佐藤)
中田
()
吉安
()
ドリス
()
藤田 リベロ
21 山内
()
吉里
(馬渡)
清水
(村上)
秋山
(新井)
25
北川
()
磯部
()
江畑
()

()
長谷川
(正田)
中田
()
吉安
()
ドリス
(狩野)
藤田 リベロ
15 山内
()
吉里
(馬渡)
清水
()
秋山
()
25
北川
()
磯部
(谷岡)
江畑
(津賀)

()
長谷川
(正田)
中田
(吉本)
吉安
()
ドリス
(宇田)
藤田 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今年最後のリーグ戦。ストレートで勝利できたことは価値のあるものだった。ただ、まだまだ修正しなければいけない点もあるので、年明けのリーグ戦再開までに天皇杯を挟んでしっかり準備したい。
 大野石油さんのホームゲームだったが、温かいご声援をいただき、ありがとうございました。年明けからもしっかり戦っていきたいと思いますので、今後もブルーキャッツの応援、よろしくお願いいたします。

要約レポート

 先週上位対決に勝利し、連勝を延ばすPFUブルーキャッツと、ホームゲームから巻き返しを図りたい大野石油広島オイラーズの対戦。
 第1セット、PFUはドリスと江畑を中心に攻撃を組み立ててペースを握る。大野石油は全員レシーブで粘りを見せ、吉里につないで得点を重ねて応戦するが、追いつくことができず、PFUがセットを先取した。
 続く第2セット、大野石油は序盤にサーブでリズムを作る。しかし、7-7からPFUは要所で江畑がアタック、ブロックを決め、さらに正のサーブでリードを奪うと、そのまま流れをつかんでセットを連取した。
 第3セット、後のない大野石油は途中から代わって入った山内がアタックを決めて追い上げを見せるが、リズムに乗るPFUはサーブとブロックで大野石油を突き放し、連勝を5に延ばした。
 大野石油は勝利できなかったが、地元の声援を力に粘り強い全員レシーブで会場を盛り上げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 関野 貴樹