V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
608
[開催日]
2017/11/12
[会場]
菊池市総合体育館
[観客数]
888
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:15
[試合時間]
1:15
[主審]
林 淳一
[副審]
松永 美志

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 10
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:19】
15
25 第3セット
【0:27】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 竹中 雅詞
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

熊本での第2戦のKUROBE戦で準備してきたことを発揮することができた。ストレートで勝てたことは選手の頑張りにつきる。次週からも全員バレーで一戦一戦、勝利を目ざして頑張りたい。二日間、たくさんの応援をいただき、ありがとうございました。

25 ドリス
()
江畑
()
和才
()

()
18

()
宇田
(津賀)
倉見
(丸山)
雪丸
()
秋山
(新井)
清水
()
ジョンソン
()
太田
()
リベロ 馬場
25 ドリス
(吉安)
江畑
(津賀)
和才
(舛田)

()
15

()
宇田
()
倉見
()
雪丸
(大盛)
秋山
()
清水
(狩野)
ジョンソン
()
太田
()
リベロ 馬場
25 ドリス
()
江畑
()
和才
()

()
22

()
宇田
(吉安)
大盛
(吉川)
倉見
()
秋山
(狩野)
清水
()
ジョンソン
()
太田
()
リベロ 馬場

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

本日も応援ありがとうございました。3セット目に良い部分が少し出てきましたので次週に向けしっかりと練習し、チームとして機能するようにしていきたいです。一戦一戦勝つという強い気持ちで戦っていきます。

要約レポート

PFUブルーキャッツ対KUROBEアクアフェアリーズの対戦は、序盤にPFUの江畑がブロックと強烈なスパイクが決め、主導権を握り、6連続得点でKUROBEを突き放し第1セットを先取した。
2セット目、PFUは前のセットの良いリズムで試合を進め、宇田の好守にわたる活躍で得点を重ねて2セット目も連取した。
3セット目、後のないKUROBEはジョンソンのスパイク、倉見のブロックで流れをつかみかけるも、PFUは清水のブロック、秋山のサービスエースで逆転するシーソーゲームとなった。しかし、最後はPFUが途中出場の狩野のスパイクと、清水の高さのある速攻で得点しゲームを決め、熊本での2大会2連勝で終えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 田村 誠