V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
607
[開催日]
2017/11/11
[会場]
天草市民センター体育館
[観客数]
1,228
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:23
[試合時間]
1:18
[主審]
外室 喜英
[副審]
甲斐 照和

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ: 和多 桃子
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗
0

ポイント
0
17 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:25】
25
22 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 7
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

今日は、たくさんの応援ありがとうございました。昨年は震災の影響で熊本でのホームゲームができませんでしたが、今年はすばらしい環境の中で試合ができたことをうれしく思います。悔しい試合内容でしたが、明日にこの悔しさをぶつけれるよう準備したいと思います。天草大会の関係者の皆様、準備から運営まで大変お世話になりました。

17 川口
()
斉藤
()
清水
()
狩野
(新井)
25
船津
()
酢田
()
宇田
()
石橋
()
岩永
()
山形
()
江畑
(津賀)
ドリス
()
佐藤 (角野) リベロ
22 船津
()
川口
()
清水
()
狩野
(新井)
25
岩永
()
斉藤
()
宇田
()
石橋
()
山形
()
酢田
()
江畑
()
ドリス
(吉安)
佐藤 リベロ
22 川口
()
斉藤
(藤澤)
清水
()
狩野
()
25
船津
()
酢田
()
宇田
(吉安)
石橋
(松下)
岩永
()
山形
()
江畑
()
ドリス
()
佐藤 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

1セット目はよいスタートを切ってとることができたが、2,3セット目はブロックとレシーブの関係が機能せず、ブレイクポイントを中々取れない苦しい展開になってしまった。そこを修正して明日のKUROBE戦に臨みたい。熊本さんのホームゲームだったが3ポイントを獲得できたことは大きかった。本日もたくさんの応援をいただきまことにありがとうございました。

要約レポート

 今季初勝利をホームゲームで飾りたいフォレストリーヴズ熊本と2勝目を狙うPFUブルーキャッツとの一戦は、高さに勝るPFUが熊本を圧倒した。
 第1セット、 PFUが序盤から江畑,ドリスが連続して得点を重ね、終始リードを保った。熊本は斉藤のライトからの攻撃でリズムをつかもうとしたが、PFUの高いブロックを打ち崩すことはできなかった。
 第2セットは両チームの粘り強いレシーブがボールを繋ぎ、一進一退を繰り返す好ゲームとなった。熊本は詰めかけたファンの声援の後押しもあり、斉藤,船津のネットの幅をいっぱいに使ったブロード攻撃でPFUのブロックをかわし終盤までリードしたが、PFUが要所を締め、ドリスの高いスパイクで逆転すると、最後は狩野がスパイクを決めPFUがセットを連取した。
 惜しくも第2セットを落とした熊本は,第3セットもサイドからPFUを攻め続け,強弱をつけた攻撃でPFUのレシーブを崩し得点したが、PFUはそのサイド攻撃に対応した江畑と狩野のブロックで熊本の攻撃を封じた。熊本は酢田、川口,船津らのスパイクで22-23までPFUを追い詰めたが、PFUの石橋のトス回しにほんろうされ,PFUにセットを取られた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 坂本紀一