V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
606
[開催日]
2017/11/11
[会場]
天草市民センター体育館
[観客数]
1,192
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:18
[試合時間]
1:18
[主審]
林 淳一
[副審]
松永 美志

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 8
通算: 3勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
15 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
19
25 第3セット
【0:25】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

天草市の熱いバレーファンの前で良い時間帯が多く出た試合運びとなった。ほっとしたときにオフェンスの甘さが出たが要所要所で金田選手と途中出場の宮下選手がチームをよくまとめ勝ちきることができたと思う。バレーボールを愛する気持ちをたいへん感じられる会場であった。また、遠方より駆けつけてくださった。シーガルズファンの皆様に厚く感謝いたします。本日は熱いご声援ありがとうございました。

25 川島
()
佐々木
()
和才
()

()
15
高田
()
渡邊
()
大盛
()
倉見
()
金田
()
大楠
()
ジョンソン
()
舛田
(太田)
丸山(亜) (森田) リベロ 馬場
25 佐々木
()
渡邊
()
和才
()

()
19
大楠
()
川島
()
大盛
(吉川)
倉見
()
高田
(宮下)
金田
()
ジョンソン
()
太田
()
丸山(亜) (森田) リベロ 馬場
25 居村
(川島)
佐々木
()
和才
()

()
20
宮下
(川畑)
渡邊
(高田)
大盛
(丸山)
倉見
()
金田
()
大楠
()
ジョンソン
()
太田
()
(森田) リベロ 馬場

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

コンビネーションがうまく合わず、出足が悪くなってしまいましたが、セットを重ねる毎に良くなってきたと思います。良い面もありましたので、明日の試合でもチャレンジャーとしてしっかり戦いたいと思います。応援ありがとうございました。

要約レポート

開幕から白星の続く岡山シーガルズと、連勝して勢いに乗りたいKUROBEアクアフェアリーズとの対戦は、第1セット、岡山の高田の巧みなトスワークに川島、渡邊らのコンビでKUROBEのブロックをほんろうしセットを取る。
第2セットの序盤はKUROBEが新加入のジョンソンのバックアタックで一時はリードをする場面もあったが、岡山は途中から出場した宮下のトスでリズムをつかむと、宮下のブロックで逆転し、KUROBEの反撃をかわした。
第3セット、後のないKUROBEはジョンソンと太田が得点を重ね、中盤まではリードするものの、地力に勝る岡山が粘るKUROBEを突き放し、連勝を3に伸ばした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 田村 誠