V・チャレンジリーグⅠ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
603
[開催日]
2017/11/04
[会場]
金沢市総合体育館
[観客数]
1,282
[開始時間]
15:45
[終了時間]
16:53
[試合時間]
1:08
[主審]
吉岡 奈々
[副審]
国沢 雄介

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:15】
4
26 第3セット
【0:25】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 金子 健一郎
コーチ: 甲斐 啓祐
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕初戦、第1、第2セットは良い形でスタートを切ることが出来た。第3セットはトヨタ自動車の粘りに苦戦したが、競り合いをものにしてストレート勝ち、3ポイントを獲得出来てよかった。
 明日は強敵、上位チームのシーガルズとの対戦になるので、チャレンジ精神を持って戦いたい。
 ホームゲームということで大勢の方にご声援頂き、心から感謝いたします。
 明日も是非、会場へ応援に来て下さい。

25 ドリス
(有田)
堀口
(江畑)
佐藤(仁)
()
新井
()
17
石橋
()
宇田
()
松尾
()
権藤
()
秋山
()
清水
()
佐藤(優)
()
梅木
()
リベロ 大橋
25 ドリス
()
江畑
()
佐藤(仁)
()
新井
()
4
石橋
(正)
宇田
()
松尾
(竹内)
権藤
()
秋山
()
清水
()
佐藤(優)
()
梅木
()
リベロ 大橋
26 ドリス
(有田)
江畑
()
佐藤(仁)
()
新井
()
24
石橋
()
宇田
()
松尾
(浅野(美))
権藤
(竹内)
秋山
(吉安)
清水
()
佐藤(優)
()
梅木
()
リベロ 大橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 出足が固くなり、思い切った攻めが出来ず、相手にポイントされる悪いリズムからなかなか抜け出せなかった。
 第3セットは、自チームの持ち味を出せた。
 今日の課題は次の試合までに修正して挑みたい。
 本日は応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕戦をホームで迎えるPFUブルーキャッツとトヨタ自動車ヴァルキューレの一戦。
 第1セット、PFUは新人堀口、秋山のスパイクやブロックで得点を重ねる。一方、トヨタ自動車はセッター松尾がトスを散らし、得点していく。中盤、PFU清水のサービスエースを機に点差を広げ、セットを先取する。
 第2セット、PFU堀口に代わってコートインした江畑とドリスがスパイク、ブロックに大活躍。最後はPFU新加入の正の連続サーブで得点を重ね、セットを連取する。
 第3セット、トヨタ自動車は佐藤(優)のスパイクで連続得点を挙げ勢いを作る。リードされたPFUは江畑、ドリスにボールを集め追いつくと、そこから一進一退の攻防となる。終盤もPFU江畑、トヨタ自動車・佐藤(優)のスパイクで互いに譲らずデュースとなるが、最後はPFU宇田のスパイクが決まり、ストレートでPFUブルーキャッツがホームゲーム開幕戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 波佐間 英之