V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
837
[開催日]
2018/02/04
[会場]
ヤマト市民体育館前橋
[観客数]
432
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:21
[試合時間]
1:21
[主審]
脇坂 克伸
[副審]
山本 貴彦

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 吉川 三博
通算ポイント: 32
通算: 10勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
18
29 第3セット
【0:28】
27
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 16
通算: 5勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分達のリズムをこの試合では切ることなく継続できていた。常に気持ちの部分で抜くことなく、しっかり残り試合で結果が出せるよう、また準備いたします。
 本日も応援ありがとうございました。

25 末代
()
田中
()
戸田
()
木村
()
22
黒木
()
萩原
()
江川
()
田村
()
齊藤
()
小清水
()
浅川
(三澤)
柳沢
()
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤(円) (森)
25 末代
()
田中
()
木村
()
田村
(松尾)
18
黒木
()
萩原
(楠木)
戸田
()
柳沢
()
齊藤
()
小清水
()
江川
(丹野)
浅川
(川満)
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤(円) (森)
29 末代
()
田中
()
戸田
()
木村
()
27
黒木
()
萩原
(楠木)
江川
(中田)
田村
(松尾)
齊藤
()
小清水
()
浅川
()
柳沢
()
鶴ヶ崎 リベロ 佐藤(円) (森)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 負けられない試合、スタートから相手の高さ、また軟打への対応ができず、自分達のバレーができなかった。3セット目の後半からようやく自チームの展開にもっていけたが、あと1点が取り切れなかった。
 あと3戦、全力で頑張り、勝ち越しを決めたい。
 応援、ご声援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 現在2位で首位奪還を狙う柏エンゼルクロスと、4位のプレステージ・インターナショナルアランマーレの対戦。
 第1セット、先に流れを掴んだのは柏。粘りのあるレシーブから攻撃を組み立て、11-6とリードする。対するプレステージは江川のスパイクと柳沢のブロックで12-13と応戦する。その後、お互いにスパイクを決めあい16-14と柏がリードして2回目のテクニカルタイムアウトを迎える。終盤、柏は萩原のスパイク、小清水のクイックで流れを掴み22-16とリードを広げる。対するプレステージも柳沢のブロックと戸田のサービスエースなどで21-23と点差を詰めるが、最後は末代のスパイクで柏が逃げ切った。
 第2セット、中盤まで互いに譲らず一進一退の攻防が続き、16-14と柏のリードで2回目のテクニカルタイムアウトを迎える。柏は萩原のスパイクやブロックで連続ポイントを奪い19-14とリードを広げる。その後、プレステージはメンバーチェンジで流れを変えようとするが点差は詰まらず25-18で柏がセットを連取した。
 第3セット、序盤は両チームともサーブレシーブからのリズムのよい攻撃で点数を取り合い6-6と拮抗するが、柏・田中の活躍で12-6とリードする。中盤、プレステージは選手交代で流れを変え11-14と点差を詰める。しかし、柏はブロックが機能し、19-12と点差を広げる。柏が24-19とマッチポイントを掴むが、プレステージは、戸田のスパイク、木村のアタックやブロックで粘りを見せ24-24と並ぶ。4度のジュースの末、最後は萩原がブロックを決め、柏がストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 黒崎 直徒