V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
836
[開催日]
2018/02/03
[会場]
ヤマト市民体育館前橋
[観客数]
1,334
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:47
[試合時間]
1:47
[主審]
紙井 ひとみ
[副審]
石井 亮嗣

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 遠藤 孔太
通算ポイント: 33
通算: 12勝1敗
3

ポイント
3
21 第1セット
【0:24】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
23
25 第3セット
【0:24】
19
25 第4セット
【0:25】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 16
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のゲーム、試合のスタートからイージーミスが多く、なかなか自分達のペースで攻撃ができなかったが、途中出場したセッターの古市が全体を落ち着かせゲームメイクをしてくれた。
 最終セットとなった4セット目も、出足のところでは浮足立つ状況となり、常に相手にリードされる内容となってしまった。「優勝」という二文字が近くなればなるほど、選手たちのプレッシャーは大きくなっていく。しかし、チャンピオンとなるチームはどのチームでもこのプレッシャーを乗り越えてきたはずである。我々もそれにふさわしい力を発揮できるよう残り2試合を頑張りたい。
 本日は、たくさんの応援、ありがとうございました。

21 柿沼
()
寺坂
()
戸田
()
木村
()
25
磯野
(三好)
鈴木
()
江川
(松尾)
田村
(中田)
栗田
(古市)
田中
()
浅川
()
柳沢
()
谷内 リベロ 佐藤(円)
25 田中
(柿沼)
寺坂
(三好)
木村
()
田村
(松尾)
23
磯野
(安福)
鈴木
()
戸田
()
柳沢
(本間)
古市
()
小林
()
江川
()
浅川
(三澤)
谷内 リベロ 佐藤(円)
25 田中
()
寺坂
()
戸田
()
木村
()
19
磯野
()
鈴木
()
江川
()
田村
(松尾)
古市
()
小林
(柿沼)
浅川
(三澤)
柳沢
()
谷内 リベロ 佐藤(円)
25 田中
()
寺坂
()
木村
()
田村
()
23
磯野
()
鈴木
(三好)
戸田
()
柳沢
()
古市
()
小林
(柿沼)
江川
()
浅川
()
谷内 リベロ 佐藤(円) (森)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手チームのホームゲーム、大声援の中で大きなプレッシャーがあった中、踏ん張って戦えた。
 第1セットは良い展開であったが、第2セット以降は相手の粘りある攻撃が一枚上であった。何とか勝ちたかったが、攻守ともに相手が一歩上であった。
 ご声援ありがとうございました。明日も大事な一戦、応援よろしくお願いします。

要約レポート

 現在首位の群馬銀行グリーンウイングスと、群馬銀行との過去二度の戦いをフルセットで落としている4位のプレステージ・インターナショナルアランマーレの対戦。
 第1セット、プレステージはサーブで崩し、浅川のスパイクで得点を重ねリードを奪う。群馬銀行も磯野のスパイクで最大9点差開いた得点差を2点差まで詰めた。しかし、最後はプレステージの木村がスパイクを決め、1セット目を先取した。
 第2セット、群馬銀行はウィングスパイカー小林とセッター古市をスタメンに起用したことで、攻撃が機能し一気に流れを掴みリードを広げた。終盤、24-23と1点差まで追いつかれたが、最後はライトから寺坂の強烈なスパイクが決まり、群馬銀行が1-1のタイに持ち込んだ。
 第3セット、お互いに持ち味を出し合い一進一退の攻防で9-9となる。群馬銀行はレシーブの粘りでリズムを掴み、13-9とリードを奪う。最後まで相手に主導権を与えず、25-19でセットを奪う。
 第4セット、群馬銀行は中盤までリードを奪われるが、レシーブでリズムを作り、小林、鈴木、寺坂の連続スパイクで一気に逆転に成功する。その後はお互いに一進一退の攻防が続いたが、最後は田中の強烈なスパイクで群馬銀行が優勝に一歩近づいた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 手島 義則