V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
830
[開催日]
2018/01/14
[会場]
天童市スポーツセンター
[観客数]
663
[開始時間]
15:05
[終了時間]
17:09
[試合時間]
2:04
[主審]
津嶋 由香
[副審]
渡部 修

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 16
通算: 5勝5敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:21】
22 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:27】
23
22 第3セット
【0:25】
25
20 第4セット
【0:22】
25
15 第5セット
【0:17】
17

【 】内はセット時間

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 遠藤 孔太
通算ポイント: 24
通算: 9勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日に引き続き多くの声援の中でのゲーム。第1セットを逆転で取り良い流れが自チームに来ていたが、第3、4セットは相手の勢いを止められなかった。第5セットはリードしておきながら最後はミスで終わってしまった。
 最後までご声援頂きありがとうございました。今後もご声援よろしくお願いします。

25 浅川
()
江川
(三澤)
田中
()
栗田
()
22
柳沢
()
戸田
()
鈴木
()
磯野
()
田村
()
木村
()
寺坂
(三好)
柿沼
()
佐藤(円) リベロ 谷内
25 浅川
()
江川
()
田中
()
栗田
(古市)
23
柳沢
()
戸田
()
鈴木
()
磯野
(安福)
田村
()
木村
()
寺坂
()
柿沼
()
佐藤(円) リベロ 谷内
22 浅川
()
江川
()
田中
()
古市
()
25
柳沢
()
戸田
()
鈴木
()
安福
()
田村
()
木村
()
寺坂
(三好)
柿沼
()
佐藤(円) リベロ 谷内
20 浅川
(三澤)
江川
()
田中
()
古市
()
25
柳沢
(本間)
戸田
()
鈴木
()
安福
(三好)
田村
()
木村
()
寺坂
()
柿沼
()
佐藤(円) リベロ 谷内
15 浅川
()
江川
(松尾)
田中
()
古市
()
17
柳沢
()
戸田
()
鈴木
()
安福
(三好)
田村
(中田)
木村
()
寺坂
()
柿沼
(小林)
佐藤(円) (森) リベロ 谷内

監督コメント

 本日のゲーム、第1、2セットとも相手チームの攻撃に対応できず苦しい展開となってしまったが、第3セット以降、前後を狙ったサーブが功を奏し、第3、4セットと連取することができた。第5セットは自チームのミスから相手に先手を取られる形となったが、サーブとブロックによって流れを引き寄せ、ぎりぎりのところで勝つことができた。
 リーグもいよいよ最終レグに突入する。今日のような粘り強さをしっかり出し最後まで戦っていきたい。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日勝利し、群馬銀行グリーンウイングスは首位に、プレステージ・インターナショナルアランマーレは3位に浮上。両チームとも互いに連勝して波に乗りたいところ。
 第1セットは、序盤、群馬銀行が5連続ポイントをとり優位に試合を進めるが、プレステージは終盤に江川、浅川のスパイクで逆転しこのセットを取った。
 第2セットはお互いに1点を取り合う好ゲームとなったが、中盤からプレステージはルーキーの木村や江川のサーブで相手を崩し、終盤追い上げられたものの逃げ切った。
 第3セット、後が無くなった群馬銀行は田中のスパイクを中心に得点を重ねる。プレステージも譲らず終盤へ。息をのむ好ゲームが展開されたが、最後は田中のブロックでこのセットを取る。
 第4セット、速攻が噛み合うようになった群馬銀行が、終始リードしてこのセットを取りセットカウント2-2とする。
 最終セット、江川のスパイクで8-4とプレステージがリードするが、群馬銀行は安福のブロックや田中のスパイクで11-11と追いつき、更に一進一退のゲームを展開しデュースとなる。最後はプレステージにミスが出て、群馬銀行が大接戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 伊藤 育夫