V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
829
[開催日]
2018/01/14
[会場]
天童市スポーツセンター
[観客数]
463
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:15
[試合時間]
2:15
[主審]
伊藤 薫
[副審]
斎藤 隆介

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 吉川 三博
通算ポイント: 23
通算: 7勝3敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:24】
21 3

ポイント
2
19 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:23】
19
37 第4セット
【0:39】
39
11 第5セット
【0:14】
15

【 】内はセット時間

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 山口 弥緒
通算ポイント: 13
通算: 5勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分たちの小さなミスから点数を取り切れず、リズムが作れなかった。
 もう一度しっかり技術、心を見直し、来週のゲームに臨みます。
 本日も応援、ありがとうございました。

25 田中
()
萩原
()
松浦
()
色摩
(三浦)
21
末代
(楠木)
小清水
()

()
百瀬
(草野)
黒木
()
齊藤
()
有川
()
鬼塚
()
鶴ヶ崎 (鈴木) リベロ 平岩
19 田中
()
萩原
()
松浦
()
色摩
(三浦)
25
末代
(楠木)
小清水
()

()
百瀬
()
黒木
()
齊藤
()
有川
()
鬼塚
()
鶴ヶ崎 (鈴木) リベロ 平岩
25 田中
()
萩原
(名原)
松浦
(縄田)
色摩
(三浦)
19
末代
(楠木)
小清水
()

()
百瀬
()
黒木
()
齊藤
()
有川
()
鬼塚
(重松)
鶴ヶ崎 (鈴木) リベロ 平岩
37 末代
(楠木)
田中
()
松浦
()
色摩
(三浦)
39
黒木
(山本)
萩原
(名原)

()
百瀬
(重松)
齊藤
()
小清水
()
有川
(草野)
鬼塚
()
鶴ヶ崎 (鈴木) リベロ 平岩
11 田中
()
萩原
()
松浦
()
色摩
()
15
末代
()
小清水
()

()
百瀬
()
黒木
()
齊藤
()
有川
(三浦)
鬼塚
()
鶴ヶ崎 (鈴木) リベロ 平岩

監督コメント

 後がない第4セット以降、まさに崖っぷちからの勝利でした。
 第1レグでの敗戦の教訓を選手が良く理解して、最後までそれを実行してくれました。
 前日の敗戦を引きずらず、気持ちも切り替えてくれたと思います。
 大勢のご声援も大変心強く感じ、心より感謝いたします。ありがとうございました。

要約レポート

 前日、共に今年のスタートが黒星となった柏エンゼルクロスと、GSSサンビームズの対戦。どのようにチームを立て直すかが見どころの一戦。
 第1セット、前半は点の取り合いで互角のゲーム展開となるが、中盤、柏は小清水のサーブや田中、萩原のスパイクで19-13と大きくリードする。GSS・松浦のブロック、張のスパイクで19-22と追い上げるも、柏は萩原、末代のスパイクで加点し、このセットを先取する。
 第2セットは柏のミスが目立ちGSSが有利にゲームを進めるが、柏も萩原、田中のスパイクで12-13と追い上げる。中盤以降、GSSは粘り強いレシーブと色摩の巧みなフェイントや、張のブロックで25-19でセットを奪い返す。
 第3セットは両チームともレシーブが良く上がり、ラリーの続く好ゲームとなった。しかし、GSSにサーブレシーブやタッチネットなどのミスが目立ち、16-11と柏がリードする。その後も齊藤のスパイクで差を広げ、最後は萩原、田中のスパイクで柏が逃げ切る。
 第4セットはお互いに一歩も譲らない接戦の展開となる。デュースが続き、37-37でGSS・張のスパイクが決まると、次のラリーで柏にタッチネットの反則があり、GSSが大接戦をものにする。
 第5セット、GSSは張の高さのあるスパイクや松浦のサービスエースで12-4と大きくリード。柏は田中のサーブ、末代のブロックで徐々に点差を詰めるが、最後はGSS・色摩のレフトからの強烈なスパイク決まり大接戦のゲームに勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山岸 文章